本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 過去のプレスリリース > 平成23年のプレスリリース > 平成22年における「人権侵犯事件」の状況について(概要)~人権侵害に対する法務省の人権擁護機関の取組~
報道発表資料
平成23年3月11日

平成22年における「人権侵犯事件」の状況について(概要)~人権侵害に対する法務省の人権擁護機関の取組~

 平成22年における法務省の人権擁護機関の「人権侵犯事件」に対する取組状況について,お知らせします。

1 内容

 法務省の人権擁護機関は,人権侵犯事件調査処理規程(平成16年法務省訓令第2号)に基づき,人権侵害を受けた者からの申告等を端緒に人権侵害による被害の救済に努めている。
 平成22年(暦年)における人権侵犯事件の取組状況は,以下のとおりである。

(1) 新規救済手続開始件数

21,696件(対前年比2.3%増加)(図1)

(2) 処理件数

21,500件(対前年比0.9%増加)(図2)

(3) 新規救済手続開始件数からみた特徴

  ア 学校における「いじめ」に関する人権侵犯事件の増加(図8)
    2,714件(対前年比51.9%増加)
  イ 児童に対する暴行・虐待に関する人権侵犯事件の増加(図9)
    771件(対前年比6.3%増加)
  ウ 教職員による人権侵犯事件の増加(図10)
    1,159件(対前年比21.6%増加)
  エ 社会福祉施設における人権侵犯事件の増加(図11)
    193件(対前年比26.1%増加)

2 参考資料

ページトップへ