本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > Q&A(人権委員会設置法案等について) > Q27 人権委員会は,どのような調査を行うのですか。令状なしに,家宅捜索をしたり,証拠を差し押さえたりすることができるのですか。また,調査の不協力には,罰則があるのですか。(設置法案第22条関係)

Q27 人権委員会は,どのような調査を行うのですか。令状なしに,家宅捜索をしたり,証拠を差し押さえたりすることができるのですか。また,調査の不協力には,罰則があるのですか。(設置法案第22条関係)

人権委員会は,人権侵害事案について,関係者から事情を聴いたり,資料を収集したりするなどの調査を行います。これらの調査は,相手方の同意を得て行う任意の調査に限られます(この点,現在の法務省の人権擁護機関による調査と同じです。)。人権委員会が,家宅捜索や差押えをするということはありませんし,人権委員会の調査を拒否したとしても,それによって罰則等の制裁を受けることはありません。

ページトップへ