本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > 啓発活動 > 法務省人権擁護局長感謝状の贈呈について

法務省人権擁護局長感謝状の贈呈について

3月15日(木),腹話術師いっこく堂氏に,法務省人権擁護局長から感謝状を贈呈しました。

1 内容

 いっこく堂氏には,昨年度から,人権啓発デジタルコンテンツ(動画)や夏休み人権教室等において,当省人権擁護局の行う人権啓発活動に御協力いただいているところ,本年度,東日本大震災後の風評被害等による人権侵害事案の発生を踏まえて,同局が企画した新たな人権啓発デジタルコンテンツの制作に参加し,無償で出演するなど,全面的な協力をいただきました。
 完成した同コンテンツは,全国の法務局・地方法務局における人権啓発活動に活用されるなど,その功績は特に顕著であったことから,同氏に感謝状を贈呈することとして,贈呈式を下記のとおり執り行いました。
 いっこく堂氏からは,師匠とのパフォーマンスを交えながら「日常の身近なところから人権を考えることが大切」といったコメントをいただきました。
 ※ 人権擁護局長感謝状は,人権擁護委員のうち,長期にわたり活動し,功績が顕著であった方などに贈られている。いっこく堂氏のように,特定の功績が顕著であったとして贈呈されるのは,今回が初めてである。
(1) 日時 平成24年3月15日(木)午前10時30分~
(2) 場所 法務省(中央省庁第6号館10階)人権擁護局長室

感謝状の贈呈を受けるいっこく堂氏

師匠と共に受賞を喜ぶいっこく堂氏

  • 報道関係者の取材を受けるいっこく堂氏と師匠

2 参考資料

被表彰者の功績の概要

東日本大震災に伴う風評被害等に関する人権啓発デジタルコンテンツについて

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ