本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 平成28年のプレスリリース > 「外国人の人権ポスターキャッチコピーコンテスト」の入賞作品及び最優秀作品を素材としたポスターについて
報道発表資料
平成28年3月18日
法務省人権擁護局

「外国人の人権ポスターキャッチコピーコンテスト」の入賞作品及び最優秀作品を素材としたポスターについて

「外国人の人権ポスターキャッチコピーコンテスト」において,最優秀賞1作品及び優秀賞2作品を選出し,最優秀作品を素材としたポスターを作成しましたので,お知らせします。

最優秀作品を素材としたポスター
 現在,我が国は,「観光立国」を掲げ,外国人の方々の活躍促進を図り様々な取組を推進しています。また,2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催が決定しています。
 このような状況の中で,「外国人の人権」は今後一層重要な課題となることが予想され,「外国人の人権」に関する効果的な人権啓発活動を実施する必要があります。
 法務省及び全国人権擁護委員連合会では,「外国人の人権」,「多文化共生」及び「ユニバーサル社会」等をテーマとした外国人の人権に関する啓発活動のコンセプトとなる,効果的かつ印象的なキャッチコピーを広く一般から募集し,本年1月19日に最終選考をした結果,最優秀賞1作品及び優秀賞2作品を選出いたしました。
 そこで,今般,最優秀作品を素材としてポスター等を作成し,全国の公共機関等へ配布・掲示することにより,広く一般を啓発することといたしました。

(参考)

1 募集日程
    平成27年10月19日(月)~同年12月18日(金)
2 募集内容
  ・ 「外国人の人権」,「多文化共生」及び「ユニバーサル社会」等をテーマにした外国人の人権に関する啓発活動に使用するキャッチコピー(メインコピー,サブコピーを含む。)
  ・ 当該キャッチコピーの趣旨
  ・ 当該キャッチコピーを素材としたポスター作成する場合のデザインイメージを
      想定している場合は,そのデザインイメージ
3 応募総数
 1,042作品
4 入賞作品
    (1) 最優秀賞
        飯村佳菜子氏 「通じなかったのは、言葉じゃなくて心でした。」
    (2) 優秀賞
        鎌田幸宏氏 「認め合おう国を文化を人権を」
        山口瑞穂氏 「「違いがある」ことが、私たちの共通点だと思う。」
5 賞
 入賞者には,賞状及び次の副賞が贈呈されます。
      最優秀賞 LAVIE Tab E TE510/BAL (タブレット 10.1型ワイド)
      優秀賞 Napkin Forever Prima (インクレスペン)
6 活用
 入賞作品は,最優秀作品を素材としてポスターを作成し,全国の公共機関等へ掲示・配布するほか,法務省の人権擁護機関の啓発活動に活用します。
7 主催
   法務省,全国人権擁護委員連合会
8 後援
 公益財団法人日本国際連合協会,公益財団法人人権教育啓発推進センター
 
ページトップへ