本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > 国民の基本的な権利の実現 > 人権擁護局フロントページ > 障害のある人の人権について考えよう!人権ポスターキャッチコピーコンテスト

障害のある人の人権について考えよう!人権ポスターキャッチコピーコンテスト


障害のある人の人権について考えよう!人権ポスターキャッチコピーコンテスト
法務省人権擁護局・全国人権擁護委員連合会は,障害のある人の人権の啓発活動に活用するキャッチコピーを募ることを目的として,キャッチコピーコンテストを実施し,最優秀作品を素材としたポスターを作成しました!

コンテストの結果を発表します!

 障害のある人を含む全ての人々にとって住みよい社会づくりを進めていくためには,社会の全ての人々が障害のある人について十分に理解し,必要な配慮をしていくことが求められています。

 平成28年4月には,障害を理由とした不当な差別的取扱いの禁止や合理的配慮の提供等を定めたいわゆる「障害者差別解消法」が施行され,また,2020年には,東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会を迎えることもあり,共生社会の実現に向けて,障害の有無等にかかわらず,誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合う「心のバリアフリー」を推進することが必要とされています。

 そこで,障害のある人の人権に関する啓発活動のコンセプトとなるキャッチコピーを広く一般の皆様から募集しました。本コンテストには,927件のご応募をいただきました。たくさんのご応募をいただきまして,ありがとうございました。

 審査の結果,最優秀賞(1作品)及び優秀賞(2作品)は,次のとおりとなりました。

 なお,最優秀作品は,それを素材としてポスターを作成し,全国の公共機関等へ配布・掲示し,また,最優秀作品を含めた入賞作品については,法務省の人権擁護機関の啓発活動の一環として活用します。

入賞作品

【最優秀賞】

● 岡田綾羽さん(高知県)の作品

「誰だって手を貸してほしい時がある ~明日と笑顔をつなぐ一声を~」


【優秀賞】

● 細野利奈さん(北海道)の作品

「違うを知る。違うを考える。違うを理解する。そして違うを認める。」


● 山田あかねさん(愛知県)の作品


「『守る・守られる』から『ともに歩む』へ。」 

 

最優秀賞を素材としたポスター


※ポスターは一切改変せず御使用願います。

募集要項

※ 募集は終了しました。

(募集期間:平成29年8月1日(火)から同年9月1日(金)まで)

募集内容

(1)障害のある人の人権に関する啓発活動に使用するキャッチコピー(サブコピーを含む) ※必須

(2)当該キャッチコピーの趣旨 ※必須

(3)当該キャッチコピーを素材としたポスターを作成する場合のデザインイメージを想定している場合は そのデザインイメージ ※任意

賞状及び副賞

優れた作品には,賞状及び次の副賞が贈呈されます。

【最優秀賞1作品】 
ASUS ZenPad 8.0(タブレット端末)

【優秀賞2作品】 
ユニバーサルデザイン等文房具詰め合わせ  

最優秀賞・優秀賞副賞

参加資格

・日本国内在住の個人に限ります。
・個人であれば,コピーライター等のプロフェッショナル,アマチュアを問いません。
・年齢は問いません。
・集団,団体等のほか,団体の代表としての個人からの応募は受け付けません。

応募規定

・文字数の制限はありませんが,ポスターのキャッチコピーとして適切な文字数としてください。
・複数作品の応募もできます。ただし,1回につき1作品を応募してください。
・オリジナル作品,未発表作品に限ります。
・第三者の著作権等の権利を侵害していないものである必要があります(第三者の著作権等の権利の侵害が認められる場合,入賞を取り消し,損害賠償を請求することがあります。)。
・応募作品は返却しません。
・結果発表は,ポスターの発表をもって行います。
・応募に係る費用は全て応募者の負担とします。郵送による提出の場合,必要な切手の貼付のないものは受け付けません。
・入賞作品は,ポスターのほか,法務省の人権擁護機関の啓発活動に活用します。
・入賞作品は,その活用において,必要に応じて内容を修正することがあります。
・応募された時点で,募集要項の記載事項に同意したものとみなします。募集要項に違反した場合は,失格となり,入賞を取り消すことがあります。

著作権の取扱い

・入賞作品の著作権は法務省に帰属します。
・入賞者は著作者人格権を行使しないこととします。
・応募作品について著作権等に係る紛争が生じた場合,当省は一切責任を負いません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ