本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 過去のプレスリリース > 平成23年のプレスリリース > 東日本大震災に伴う風評被害等に関する人権啓発デジタルコンテンツ
報道発表資料
平成23年6月9日
法務省人権擁護局

東日本大震災に伴う風評被害等に関する人権啓発デジタルコンテンツ

 この度,いっこく堂さんの全面的な協力を得て,東日本大震災による風評被害等に関する人権啓発デジタルコンテンツを作成しました。
 このコンテンツは,グーグル株式会社が運営する動画配信サイトYou Tube内の法務省動画チャンネルに掲載する予定(6月10日掲載予定)ですので,お知らせします。

1 東日本大震災に伴う風評被害等に関連する人権相談事例

<相談例(1)>
 駐車場に車を停めようとしたところ,駐車場の従業員から,福島ナンバーであることを理由に駐車を拒否された。
<相談例(2)>
 いわきナンバーの車で他県に行った際に,「被ばくするから」という理由で,入店を拒否された。
※法務省人権擁護局が6月6日までに把握している法務局・地方法務局及びその支局が取り扱った東日本大震災に関する相談件数は約200件
 引き続き,被災者の皆様を始め,多くの国民の皆様に人権相談窓口を知っていただくことが必要

2 東日本大震災に伴い,法務局・地方法務局が実施した啓発活動例

<啓発活動例(1)>特設相談所を開設し,別添チラシを配布した。
<啓発活動例(2)>地元FM局で風評被害に伴う人権侵害防止のための広報を行った。

3 法務省の人権擁護機関では,今後,こうした啓発活動を強化していくとともに,このコンテンツを用いて人権教室での活用やホームページでの放映等の啓発活動を積極的に展開していく予定です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ