法務省ってどんなところ?ひとつ前のページへ戻る

保護局

保護局(ほごきょく)は,犯罪や非行をした人の立ち直りを支援しています。保護司(ほごし) を始めとしたたくさんの民間ボランティアと協力して,犯罪や非行をした人の生活の指導や援助をしたりする 保護観察(ほごかんさつ) という仕事のほか,その再出発を見守り,支える社会を実現するため,"社会を明るくする運動"などの 犯罪予防活動(はんざいよぼうかつどう) などに関する仕事をしています。

Q1更生保護(こうせいほご)」ってなに?

A1「更生保護」とは,全ての人が安心して暮らせる社会を作るために,犯罪や非行をした人が再び罪を犯さないように指導したり,その立ち直りを助けたりすることです。

Q2保護観察(ほごかんさつ)」ってなに?

A2犯罪や非行をした人がまた同じ過ちを繰り返さないように,決まりごとを守って社会の中で生活していくことを指導しながら,その人が立ち直ることができるように,いろいろな手助け(仕事や住むところを探したり,悩みの相談にのるなど)をすることです。
保護観察の仕事は,保護観察所ほごかんさつしょで働く保護観察官ほごかんさつかんと地域のボランティアである保護司ほごしが,保護観察を受ける人の立ち直ろうとする気持ちや信頼関係を大切にしながら,協力して行っています。
また,保護観察官と保護司は,刑務所や少年院に入っている人が,そこから出た後に住む所や仕事先などを調べたり探したりして,立ち直りにふさわしい環境を準備する「生活環境せいかつかんきょう調整ちょうせい」も行っています。

Q3保護司(ほごし)」ってどんなことをしている人たちなの?

A3保護司は,犯罪や非行をした人たちの立ち直りを地域で支えるボランティアで,全国に約4万8,000人います。 保護司は,地域のことをよく知っているので,専門家である保護観察官(ほごかんさつかん)と協力し,犯罪や非行をした人たちの相談に乗り生活のサポートをしています。また,地域住民の方に更生保護の大切さを理解してもらうための活動などを行っています。

Q4犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えるボランティア団体には,どのような団体があるの?

A4犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支える主なボランティア団体としては,更生保護女性会こうせいほごじょせいかいBBS会びーびーえすかいがあります。更生保護女性会こうせいほごじょせいかいは,女性のもつあたたかさや細やかさを生かして,犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えるボランティア団体です。また,BBS会びーびーえすかいは,非行など様々な問題を抱える少年たちと,「兄」や「姉」のような立場で接し,いっしょに悩み,いっしょに学び,いっしょに楽しむことを通して,少年の立ち直りや自立を支援する青年ボランティア団体です。
これらの団体は,保護司ほごしといっしょになって更生保護に関する活動に取り組んでいます。

Q5刑務所や少年院を出ても住む場所や仕事がない人はどうやって生活するの?

A5刑務所や少年院を出ても住む場所や仕事がなく,社会の中で立ち直るのが難しい人もいます。
このような住む場所がない人たちのために「更生保護施設こうせいほごしせつ」などの施設があります。施設で生活する人の多くは,仕事を探し,やがて自分でアパートを借りるなどして自立していきます。
また,仕事がない人たちの就職を支援するために「協力雇用主きょうりょくこようぬし」の制度などがあります。仕事がない人は,仕事をしている人に比べて再び犯罪や非行をする割合が高いことが分かっているので,法務省としても厚生労働省と協力して,刑務所や少年院を出た人の就職支援に力を入れています。

Q6更生保護施設こうせいほごしせつ」,「協力雇用主きょうりょくこようぬし」って何?

A6更生保護施設は,刑務所や少年院を出た人などが,一時的に生活することのできる施設です。更生保護施設では,宿泊場所や食事を提供することに加え,就職のアドバイスや自立するための指導を行います。更生保護施設は全国に103か所あり,全て民間の施設です。
また,協力雇用主は,過去に犯罪や非行をした人の自立と社会復帰に協力することを目的として雇用する民間の事業主で,全国で約2万社あります。
更生保護施設や協力雇用主の制度は,刑務所や少年院を出ても住む場所や仕事がない人にとって,自立した生活を送るための重要な役割をになっています。

Q7犯罪予防活動(はんざいよぼうかつどう)」ってどんな活動なの?

A7犯罪や非行のない社会を実現するため,犯罪や非行をした人たちの立ち直りについて地域住民の理解や関心を深めたり,彼らが再び犯罪や非行をしないような環境作りをしたりする活動です。例えば,犯罪や非行について考える住民集会や声掛け活動,小学生・中学生の皆さんへの非行防止教室などを通じて,地域の人々に犯罪や非行のない社会作りを呼びかけるとともに,犯罪や非行をした人たちの立ち直りに協力してもらえるよう呼びかけています。
法務省が中心となって呼びかけている"社会を明るくする運動"も,こうした犯罪予防活動の一つです。

Q8"社会を明るくする運動"ってどんな活動なの?

A8すべての国民が,犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの立ち直りについて理解を深め,それぞれの立場において力を合わせ,犯罪や非行のない明るい社会を作っていこうとする全国的な運動です。
"社会を明るくする運動"は,「更生保護(こうせいほご)の日」である7月1日からの1か月を強調月間として,あなたの町でも,スポーツ大会や小・中学生の皆さんを対象とした作文コンテストなど,だれでも参加できるさまざまなイベントを行っています。

Q9"社会を明るくする運動"はいつ始まったの?

A9第二次世界大戦後,貧しさなどから非行に走る子どもたちに心を痛めた東京・銀座商店街の人々が,子どもたちを救おうとの思いから行ったキャンペーン「銀座フェアー」がきっかけとなって,昭和26年(1951年)から法務省の呼びかけで始まりました。