法務省ってどんなところ?ひとつ前のページへ戻る

司法法制部

司法法制部(しほうほうせいぶ)では,司法制度に関する法律案を作ったり,法律や判決(はんけつ)に関する資料を集めたりしています。また,全国どこでも法的なトラブルを解決するための情報を入手することができる社会を実現するため,「総合法律支援(そうごうほうりつしえん)」と呼んでいる取組を行っており,この取組の担い手にないてとして,「日本司法支援にほんしほうしえんセンター(通称:法テラス)」を設置しています。さらに,みなさんに法律の役割についての理解を深め法的なものの考え方を身につけていただくために,法教育(ほうきょういく)の充実・発展にも取り組んでいます。このほか,法務史料展示室(ほうむしりょうてんじしつ)・メッセージギャラリーでは,「司法(しほう)近代化(きんだいか)」と「建築(けんちく)近代化(きんだいか)」をテーマにした貴重(きちょう)な史料の展示を行っています。また,法務図書館にある図書などの中から,みなさんに興味(きょうみ)を持ってもらえるものをテーマとした企画展示も行っています。

また,日本司法支援にほんしほうしえん)センター(通称:法テラス)に関する詳しいことは,トピックス「法テラスってなに?」を見てね!!

Q1法教育(ほうきょういく)」ってなんだろう?

A1法教育(ほうきょういく)とは,「法律(ほうりつ)やルールってなんのためにあるの?」「約束(やくそく)をするってどういうこと?」「みんながそれぞれ,ちがう(かんが)えを()ちながら仲良(なかよ)()らすにはどうすればいいの?」といった問題(もんだい)(かんが)えることで,ものごとのしを判断(はんだん)したり,うまくトラブルを解決(かいけつ)するなど,社会(しゃかい)()きていくために必要(ひつよう)(ちから)を育てる教育(きょういく)です。
ホウリス君 法務省(ほうむしょう)では,みんなが(たの)しく法教育授業(ほうきょういくじゅぎょう)参加(さんか)できるように本をつくったり,みんなの学校で授業(じゅぎょう)をしたり,いろいろな取組(とりくみ)をしています。
おとなりの「ホウリス(くん)」は,みんなの投票(とうひょう)で選ばれた法教育(ほうきょういく)マスコットキャラクターで,法教育(ほうきょういく)(ひろ)めるためにいつもがんばってくれています。みんなもホウリス(くん)といっしょに,(たの)しく学んでみませんか?

法教育(ほうきょういく)(かん)する取組(とりくみ)についてはこちら法教育教材(ほうきょういくきょうざい)掲載(けいさい)しています。)
「ホウリス君」についてはこちら
トピックス「(ほう)はなんのためにあるの?」も見てね!