法務省ってどんなところ?ひとつ前のページへ戻る

人権擁護局

人権擁護局は,全国の市町村に配置されている民間人である人権擁護委員(じんけんようごいいん)と一緒になって,皆さんの人権を守り,また,男女の平等,いじめや体罰など,人権のことで困っている人たちを助けるため,いろいろな活動をしています。

Q1人権(じんけん)」ってなに?

A1「人権」とは,人間が人間らしく生きる権利で,生まれながらに持っています。日本国憲法でもすべての国民に保障されています。あなたにも,私にも人権があります。一人の人間としていのちが守られ幸せになるための権利と言ってもよいでしょう。しかし,みんなが自分勝手な行動をしたらどうなるでしょう。嫌な思いをする人もいるんじゃないかな。お互いに相手の立場を考え,思いやりの気持ちを持って相手に接する心が大切です。それが人権を尊重することになります。

Q2人権相談(じんけんそうだん)」ってなに?

A2「人権相談」とは,例えば,いじめを受けたなど,普段の生活の中で困ったことや疑問に思ったことについて相談を受け,問題の解決に向けたアドバイスをする活動をいいます。相談の方法については,Q3を見てください。
相談は無料で,相談内容の秘密は必ず守ります。

Q3子どもでも人権相談をすることができるの?

A3できます。(1)子どものための専用相談電話(子どもの人権110番 フリーダイヤル0120-007-110<ぜろぜろななのひゃくとおばん>),(2)インターネット相談(子どもの人権SOS-eメール),(3)手紙相談(子どもの人権SOSミニレター)による相談のほか,(4)各都道府県にある法務局の窓口でも相談を受け付けています。
トップページの「子どもの人権110番」もご覧ください。

Q4子どもの人権相談窓口ではどんな相談ができるの?

A4学校で友達から「いじめ」を受けて学校に行きたくない,親から虐待されている,でも先生や親には言えない,誰に相談していいか分からない,といった相談が寄せられています。困ったことがあれば,何でも相談してみてください。

Q5子どもの人権SOSミニレターってなに?

A5「子どもの人権SOSミニレター」は,毎年1回,全国の小中学生の皆さんにお届けしています。 困っていることがあれば,「ミニレター」の便せん部分に相談したいことを書き,封筒部分を切り取って中に便せんを入れ,ポストに投函してください。切手はいりません。SOSミニレターを受け取った法務局・地方法務局では,人権の担当職員や人権擁護委員が,解決方法を考えて,一通一通返事を書いています。

子どもの人権SOSミニレター(小学校用)表面

子どもの人権SOSミニレター
(小学校用)表面

子どもの人権SOSミニレター(小学校用)裏面

子どもの人権SOSミニレター
(小学校用)裏面

子どもの人権SOSミニレター(中学校用)表面

子どもの人権SOSミニレター
(中学校用)表面

子どもの人権SOSミニレター(中学校用)裏面

子どもの人権SOSミニレター
(中学校用)裏面

Q6人権擁護委員ってどんな人たちなの?

A6人権擁護委員は,皆さんの街の中で,人権を守るために,法務大臣の依頼を受けて活動している人たちです。学校の先生をしていた方,弁護士さん,主婦の方など,いろいろな職業や経験を持つ人がいます。全国で約1万4,000人の方が人権を守るために活動しています。
主な活動として,法務局の窓口などで人権相談を受けたり,人権を侵害された人を助けたりするほか,講演会や人権教室などを開いて,地域の皆さんに人権について理解や関心を持ってもらうなどしています。

Q7人権擁護委員は子どもにどんなことをしてくれるの?

A7例えば,「子どもの人権110番(フリーダイヤル0120-007-110)」で悩み事の相談にのってくれます。
また,「子どもの人権SOSミニレター」が寄せられると,悩み事を解決することができるように考えて返事を書いてくれます。
そのほか,学校などで人権教室を開いたり,人権の花運動をしたりして,命や思いやりの心の大切さを教えてくれます。

Q8もっと人権について調べたいのですが(少し難しそう)・・・

A8人権擁護局では,皆さんに「いじめ」などの人権の問題を知っていただくため,動画や漫画,中学生の皆さんの作文などを掲載した「子どもの人権を守ろう」のページを設けています。また,このページでは,私たちがJリーグなどのスポーツ組織などとタイアップして行っているイベントなども紹介しています。
まずは,そちらのページをご覧いただき,人権について考えるきっかけにしていただければと思います。

Q9「人権教室」ってどんな活動なの?

A9主に小・中学生を対象に,皆さんに人権に対する理解を深めてもらうことを目的に行っているものです。人権擁護委員や法務局の職員が学校などに行き,紙芝居やビデオを使って皆さんと一緒に命や思いやりの心の大切さを考えるものです。

Q10「人権週間」ってなに?

A10国際連合は,昭和23年12月10日に世界人権宣言を採択したことを記念して,12月10日を人権デーと定めています。
日本では,昭和24年から毎年12月10日の人権デーを含む1週間(12月4日~12月10日)を人権週間と定め,人権を尊重する考え方を広め,その理解を深めてもらうための活動を全国で行っています。皆さんの近くでもイベントなどを開いていますので,参加してみてください。

Q11「人KENまもる君」について教えてください。

A11人KENまもる君は,平成12年に「アンパンマン」の作者である漫画家のやなせたかしさんのデザインにより,やなせさんの出身地である高知県内の人権啓発活動のイメージキャラクターとして誕生しました。平成13年からは,法務省が行う人権啓発活動のイメージキャラクターとして,全国各地で活躍しています。
人KENまもる君は,前髪が「人」の文字,胸に「KEN」のロゴで,「人権」を表しているんです。

人KENまもる君のイメージ

人権イメージキャラクター
人KENまもる君

Q12「人KENあゆみちゃん」について教えてください。

A12人KENあゆみちゃんは,平成14年に誕生しました。人KENあゆみちゃんも漫画家のやなせたかしさんのデザインで,カールした前髪が「人」の文字,胸に「KEN」のロゴで,「人権」を表しています。
人KENまもる君と一緒に,人権が尊重される社会を目指して,全国各地のイベントや人権教室など,いろいろなところで活躍しています。
まもる君の妹でしょうか。それともお友達かな。
皆さんの学校や町にも,二人がやってくるかもしれません。そのときは,二人と一緒に皆さんも人権について考えてみてください。

人KENあゆみちゃんのイメージ

人権イメージキャラクター
人KENあゆみちゃん