法務省ってどんなところ?ひとつ前のページへ戻る

大臣官房

大臣官房(だいじんかんぼう)
大臣官房は,法務行政を円滑(えんかつ)に運営するための各局部課間の総合調整(そうごうちょうせい)を担当しており,以下の課や部で組織されています。

秘書課(ひしょか)
法務大臣等の秘書(ひしょ)関係,各部局の所管行政の総合調整,国会関係,広報,情報公開,個人情報保護,政策評価,行政情報化等に関する事務を行っています。

人事課(じんじか)
職員の定員,任免(にんめん),給与,懲戒(ちょうかい)等の人事に関する事務のほか,司法試験委員会の庶務や試験等の実施事務等を行っています。

会計課(かいけいか)
法務省全体の予算(よさん)の作成,執行(しっこう)決算(けっさん),会計の監査(かんさ)等に関する事務や本省の収入,支出等に関する事務を行っています。

国際課(こくさいか)
国際関係(こくさいかんけい)事務(じむ)についての基本的(きほんてき)政策(せいさく)企画(きかく)(ほか)局部課(きょくぶか)との調整(ちょうせい)国際会議(こくさいかいぎ)開催(かいさい)外国政府(がいこくせいふ)重要人物(じゅうようじんぶつ)との面談対応等(めんだんたいおうとう)事務(じむ)を行っています。

施設課(しせつか)
刑務所など法務省が所管(しょかん)する施設の新築・修繕(しゅうぜん)工事等のために必要な各種事務(設計,入札など)や法務省が所管する国所有の土地建物の管理を行っています。

厚生管理官(こうせいかんりかん)
共済組合に関する事務,職員の福利厚生(ふくりこうせい)能率増進(のうりつぞうしん),年金,災害補償(さいがいほしょう)に関する事務を行っています。

司法法制部(しほうほうせいぶ)
司法法制部では,司法制度に関する法律案などの作成や資料の収集を行っています。また,全国どこでも法的トラブルを解決するための情報を得ることができる社会を実現するために,日本司法支援センター(通称:法テラス)を中心とした 総合法律支援(そうごうほうりつしえん)の体制の整備をするほか,みなさんに司法の仕組みや法の働きについての理解を深めていただくために,法教育(ほうきょういく)の普及・発展にも取り組んでいます。さらに,法務史料展示室・メッセージギャラリーでは,「司法の近代化」と「建築の近代化」をテーマにした貴重な史料や法務省における重要な広報テーマについて展示をしています。