写真しゃしん法務省ほうむしょう

法務省(ほうむしょう)仕事(しごと)一部(いちぶ)
写真(しゃしん)紹介(しょうかい)しているよ!!
いろんなところをクリックして()てね!
こくさいか 国際課
表敬訪問・協力覚書の署名式の様子
海外出張かいがいしゅっちょう表敬訪問ひょうけいほうもん

国際課(こくさいか)では,外国(がいこく)政府(せいふ)国際(こくさい)機関(きかん)重要人物(じゅうようじんぶつ)との会談(かいだん)海外出張(かいがいしゅっちょう)表敬訪問(ひょうけいほうもん))の調整(ちょうせい)対応(たいおう)(おこな)っています。この写真(しゃしん)は,東京(とうきょう)にあるロシア大使館(たいしかん)大使(たいし)日本(にほん)法務省(ほうむしょう)()たときのものです。

表敬訪問・協力覚書の署名式の様子
表敬訪問・協力覚書の署名式の様子2
協力きょうりょく覚書おぼえがき署名式しょめいしき

協力覚書(きょうりょくおぼえがき)は,法務省(ほうむしょう)外国政府(がいこくせいふ)協力(きょうりょく)(すす)めていくために(むす)ぶものです。この写真(しゃしん)は,法務大臣(ほうむだいじん)が,日本(にほん)法務省(ほうむしょう)とベトナムの司法省(しほうしょう)(あいだ)協力覚書(きょうりょくおぼえがき)署名(しょめい)し,ベトナムで協力覚書(きょうりょくおぼえがき)交換式(こうかんしき)(おこな)われたときのものです。

国際会議の様子
京都(きょうと)コングレス準備会合(じゅんびかいごう)様子(ようす)(バンコク)
京都コングレスロゴマークと京都コングレス・ユースフォーラムロゴマーク

 法務省(ほうむしょう)では,2021(ねん)(がつ)7日(なのか)から12(にち)までの6日間(むいかかん)京都(きょうと)開催(かいさい)される(だい)14(かい)国際連合犯罪防止刑事司法会議(こくさいれんごうはんざいぼうしけいじしほうかいぎ)京都(きょうと)コングレス)の準備(じゅんび)(すす)めています。コングレスは,犯罪防止(はんざいぼうし)刑事司法分野(けいじしほうぶんや)における国連最大(こくれんさいだい)国際会議(こくさいがいぎ)です。サイバー犯罪(はんざい)(かく)せい(ざい)密輸(みつゆ)など,犯罪(はんざい)には国境(こっきょう)がありません。犯罪捜査(はんざいそうさ)(つみ)(おか)した(ひと)()(なお)りなどの問題(もんだい)について,世界各国(せかいかっこく)法務大臣(ほうむだいじん)検事総長(けんじそうちょう)対策(たいさく)(はな)()い,「京都宣言(きょうとせんげん)」としてまとめます。
 また,京都(きょうと)コングレスに先立(さきだ)って,2021(ねん)(がつ)27(にち)(およ)び28(にち)には,ユースフォーラムを開催(かいさい)します。世界各国(せかいかっこく)若者(わかもの)が,犯罪防止(はんざいぼうし)国連(こくれん)サミットで採択(さいたく)されたSDGs(えすでぃーじーず)世界(せかい)()えるための17の目標(もくひょう))について議論(ぎろん)し,京都(きょうと)コングレスに提言(ていげん)します。
 その(ほか)法務省(ほうむしょう)は,司法分野(しほうぶんや)国際会議(こくさいかいぎ)政府代表団(せいふだいひょうだん)として出席(しゅっせき)し,国連(こくれん)決議(けつぎ)提言(ていげん)作成(さくせい)関与(かんよ)しています。

法制度整備支援
法制度整備支援(ほうせいどせいびしえん)

国際課(こくさいか)では,法務総合研究所(ほうむそうごうけんきゅうしょ)国際協力機構(こくさいきょうりょくきこう)JICA(じゃいか))などと協力(きょうりょく)し,途上国等(とじょうこくとう)(たい)法制度(ほうせいど)整備(せいび)支援(しえん)しています。この写真(しゃしん)は,東京(とうきょう)開催(かいさい)された法制度整備支援(ほうせいどせいびしえん)(かん)する国際会議(こくさいかいぎ)様子(ようす)です。

5
人権条約審査での様子
スイス・ジュネーブでの人権条約じんけんじょうやく審査しんさ

日本にほんむすんでいる人権じんけんかかわる条約じょうやくにはたとえば人種差別じんしゅさべつ撤廃条約てっぱいじょうやく児童じどう権利けんり条約じょうやくがありますが,どのようにこれらの条約じょうやくまもっているかについて,国連こくれん報告ほうこくし,国連こくれん委員いいんから質問しつもんけたりします。法務省ほうむしょう関連かんれんしている法律ほうりつ取組とりくみについて説明せつめいし,委員いいん議論ぎろんをして,理解りかいしてもらうようにしています。日本にほんがしっかりと条約じょうやくまもっていることを国際社会こくさいしゃかいにアピールする仕事しごとです。

しせつか 施設課
施設課が行う設計
施設課(しせつか)(おこな)設計(せっけい)

施設課(しせつか)では,収容施設(しゅうようしせつ)刑務所(けいむしょ)拘置所(こうちしょ)など)と官署施設(かんしょしせつ)事務庁舎(じむちょうしゃ)など)の設計(せっけい)を行っています。長い間,()状態(じょうたい)使用(しよう)できるよう,古くなった施設(しせつ)()()えや改修(かいしゅう)をするためです。職員(しょくいん)は,建築(けんちく)電気(でんき)または機械(きかい)のスペシャリストとして(はたら)いています。

工事監督業務
工事監督業務(こうじかんとくぎょうむ)

工事(こうじ)監督職員(かんとくしょくいん)として,工事(こうじ)品質確保(ひんしつかくほ)安全管理(あんぜんかんり)工程管理(こうていかんり)指導(しどう)をし,また,地域(ちいき)方々(かたがた)窓口(まどぐち)として,工事(こうじ)順調(じゅんちょう)(すす)むように調整(ちょうせい)しています。

最新施設:国際法務総合センター
最新施設(さいしんしせつ)国際法務総合(こくさいほうむそうごう)センター

平成(へいせい)30年度(ねんど)完成(かんせい)した新しい施設(しせつ)です。刑務所(けいむしょ)少年院(しょうねんいん)研修所(けんしゅうしょ)などの施設(しせつ)があります。病院機能(びょういんきのう)をそなえた施設(しせつ)もあり,受刑者(じゅけいしゃ)治療(ちりょう)を行っています。

しほうほうせいぶ 司法法制部
法テラス・サポートダイヤルの業務風景
(ほう)テラス・サポートダイヤルの業務風景(ぎょうむふうけい)

(ほう)テラス・サポートダイヤル(TEL:0570-078374)に電話(でんわ)するとここにつながるよ。法的(ほうてき)トラブルで(こま)ったときには,気軽(きがる)電話(でんわ)してね!

法教育の授業風景①
法教育(ほうきょういく)授業風景(じゅぎょうふうけい)

法務省職員ほうむしょうしょくいん都内とない中学校ちゅうがっこう授業じゅぎょう実施じっしし,模擬裁判もぎさいばんおこないました。

法教育の授業風景②
法教育(ほうきょういく)授業風景(じゅぎょうふうけい)

法務省職員ほうむしょうしょくいん都内とない中学校ちゅうがっこう授業じゅぎょう実施じっしし,みんなでルールづくりについてはないました。

みんじきょく 民事局
登記手続を行う法務局
登記手続(とうきてつづき)(おこな)法務局(ほうむきょく)

土地(とち)建物(たてもの)番号(ばんごう)面積(めんせき)()(ぬし)名前(なまえ)などを,法務局(ほうむきょく)のコンピュータに記録(きろく)することを「登記(とうき) 」といいます。法務局(ほうむきょく)では,この土地(とち)建物(たてもの)登記(とうき)のほかに,会社(かいしゃ)(かん)する登記(とうき)なども(おこな)っています。
登記(とうき)をすることによって,権利(けんり)(まも)られ,安心(あんしん)して取引(とりひき)をすることができます。

地図の作成をする法務局
地図(ちず)作成(さくせい)をする法務局(ほうむきょく)

法務局(ほうむきょく)には土地(とち)(かたち)(あき)らかにした地図(ちず)(そな)()けることとされていますが,まだまだ(ふる)地図(ちず)しかない(ところ)(おお)いため,法務局(ほうむきょく)では,最新(さいしん)測量技術(そくりょうぎじゅつ)活用(かつよう)したより正確(せいかく)地図(ちず)作成(さくせい)する作業(さぎょう)(おこな)っています。
より正確(せいかく)地図(ちず)(そな)()けられることによって,土地(とち)土地(とち)(さかい)(あき)らかでないことにより(しょう)ずる(あらそい)いを予防(よぼう)することができます。

けいじきょく 刑事局
日本刑法草案
犯罪(はんざい)刑罰(けいばつ)内容(ないよう)(さだ)めた刑法(けいほう)

刑事局(けいじきょく)では,犯罪(はんざい)刑罰(けいばつ)内容(ないよう)(さだ)めた刑法(けいほう)犯罪捜査(はんざいそうさ)裁判(さいばん)のための手続(てつづき)(さだ)めた刑事訴訟法(けいじそしょうほう)などの法律案(ほうりつあん)を作っています。また,法務省以外(ほうむしょういがい)省庁(しょうちょう)(つく)法律案(ほうりつあん)(さだ)められた罰則(ばっそく)適正(てきせい)なものかどうかについて(はな)()い,必要(ひつよう)(おう)じて意見(いけん)()べるなどして,法律(ほうりつ)整備(せいび)(おこな)っています。

写真(しゃしん)は,刑法(けいほう)のもととなった日本刑法(にほんけいほう)旧刑法(きゅうけいほう)草案(そうあん)()ばれるもので,明治(めいじ)13(ねん)公布(こうふ)された(わが)国最初(くにさいしょ)基本法典(きほんほうてん)です。

きょうせいきょく 矯正局
刑務官(けいむかん)
刑務官(けいむかん)

刑務所(けいむしょ)などに(はい)っている(ひと)()げたり(あば)れたりせず安全(あんぜん)()ごせるようにするとともに,受刑者(じゅけいしゃ)に,日常生活(にちじょうせいかつ)指導(しどう)職業訓練指導(しょくぎょうくんれんしどう)(なや)みごとに(たい)する指導(しどう)()(なお)りのための指導(しどう)(おこな)仕事(しごと)をしています。

法務教官(ほうむきょうかん)
法務教官(ほうむきょうかん)

犯罪(はんざい)非行(ひこう)をした少年(しょうねん)たちの問題(もんだい)改善(かいぜん)し,能力(のうりょく)()ばすことで,健全(けんぜん)社会人(しゃかいじん)として()きていくための手助(てだす)けをする仕事(しごと)です。

法務技官(ほうむぎかん)
法務技官 ( ほうむぎかん ) 心理(しんり)

犯罪(はんざい)非行(ひこう)(おか)した(ひと)からじっくりと(はなし)()いたり,心理(しんり)テストを(おこな)ったりして,どうして犯罪(はんざい)非行(ひこう)をするようになったのか,()(なお)るためにはどのような指導(しどう)必要(ひつよう)なのかを(あき)らかにする仕事(しごと)をしています。

刑務所(けいむしょ)の職業訓練(しょくぎょうくんれん)
刑務所(けいむしょ)職業訓練(しょくぎょうくんれん)

職業訓練(しょくぎょうくんれん)は,受刑者(じゅけいしゃ)職業(しょくぎょう)に関する免許(めんきょ)もしくは資格(しかく)取得(しゅとく)させ,または職業(しょくぎょう)必要(ひつよう)知識(ちしき)および技能(ぎのう)修得(しゅうとく)させることを目的(もくてき)として実施(じっし)しています。

少年院(しょうねんいん)の授業風景(じゅぎょうふうけい)
少年院(しょうねんいん)授業風景(じゅぎょうふうけい)

少年院(しょうねんいん)では,1人1人(ひとりひとり)問題(もんだい)()わせて,(ただ)しい(もの)見方(みかた)(かんが)(かた)()()けたり,進学(しんがく)就職(しゅうしょく)必要(ひつよう)知識(ちしき)技能(ぎのう)()()けたりするために様々(さまざま)授業(じゅぎょう)(おこな)われています。

少年鑑別所(しょうねんかんべつしょ)の鑑別(かんべつ)
少年鑑別所(しょうねんかんべつしょ)鑑別(かんべつ)

少年鑑別所(しょうねんかんべつしょ)では,家庭裁判所(かていさいばんしょ)審判(しんぱん)のために,非行(ひこう)をした少年(しょうねん)がどんな性格(せいかく)で,どうして非行(ひこう)をしてしまったのかなどを調(しら)べることを目的(もくてき)として,面接(めんせつ)様々(さまざま)心理検査(しんりけんさ)(おこな)っています。

ほごきょく 保護局
社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~
"社会(しゃかい)(あか)るくする運動(うんどう)"

犯罪(はんざい)非行(ひこう)(ふせ)ぎ,(つみ)(おか)した(ひと)たちの()(なお)りについて理解(りかい)(ふか)め,それぞれの立場(たちば)(ちから)()わせて犯罪(はんざい)非行(ひこう)のない(あか)るい社会(しゃかい)(つく)ろうとする運動(うんどう)です。

保護観察
保護観察

保護観察(ほごかんさつ)は,犯罪や非行をした人たちが社会の中で立ち直ることができるよう助ける仕事です。
この仕事は,犯罪や非行をした人とよく話し合い,相手を理解することがとても大切です。

じんけんようごきょく 人権擁護局
人権啓発活動の様子
人権啓発活動(じんけんけいはつかつどう)様子(ようす)

人権啓発活動(じんけんけいはつかつどう)とは,国民(こくみん)(みな)さんの(あいだ)人権(じんけん)尊重(そんちょう)する(かんが)(かた)(ひろ)め,その理解(りかい)(ふか)めてもらうための広報(こうほう)などの活動(かつどう)です。
この写真(しゃしん)は,Jリーガーなどのスポーツ選手(せんしゅ)から,スポーツを(つう)じて人権(じんけん)大切(たいせつ)さを(つた)える啓発活動(けいはつかつどう)人権(じんけん)スポーツ教室(きょうしつ))の様子(ようす)です。

人権相談の様子
人権相談(じんけんそうだん)様子(ようす)

法務局(ほうむきょく)(およ)地方法務局(ちほうほうむきょく)では,人権相談所(じんけんそうだん)開設(かいせつ)し,国民(こくみん)(みな)さんからの人権(じんけん)(かん)する相談(そうだん)(おう)じています。
この写真(しゃしん)は,人権擁護委員(じんけんようごいいん)相談(そうだん)()け,問題解決(もんだいかいけつ)()けたアドバイスをしているところです。

しょうむきょく 訟務局
訟務局

裁判所に出廷(しゅってい)し,開廷(かいてい)を待つ訟務(しょうむ)局の職員

ほうむそうごうけんきゅうしょ 法務総合研究所
UNAFEIにおける国際研修集合写真
UNAFEIにおける国際研修集合写真2
UNAFEI(ユナフェイ)における国際研修(こくさいけんきゅう)

アジアや世界(せかい)国々(くにぐに)警察官(けいさつかん)検察官(けんさつかん)裁判官(さいばんかん)刑務所職員(けいむしょしょくいん)保護観察官(ほごかんさつかん)などが,国連(こくれん)アジア極東犯罪防止研修所(きょくとうはんざいぼうしけんしゅうじょ)
(「UNAFEI(ユナフェイ)」または「アジ(けん)」ともよばれています。)に(あつ)まって一緒(いっしょに)生活(せいかつ)し,犯罪(はんざい)のない社会(しゃかい)(つく)るための授業(じゅぎょう)研修(けんしゅう))を()けます。

ラオスにおける現地セミナーの風景
ラオスにおける現地(げんち)セミナーの風景(ふうけい)

開発途上国(かいはつとじょうこく)派遣(はけん)された法務総合研究所教官ほうむそうごうけんきゅうしょきょうかんは,現地(げんち)に1年以上(ねんいじょう)滞在たいざいし,法律(ほうりつ)アドバイザーとして,法律(ほうりつ)(つく)支援(しえん)や,裁判官(さいばんかん)検察官(けんさつかん)などの法律(ほうりつ)専門家(せんもんか)(そだ)てる支援(しえん)(おこな)っています。
この写真(しゃしん)は,ラオスに派遣(はけん)されている教官(きょうかん)などが,現地(げんち)法律(ほうりつ)先生(せんせい)法律(ほうりつ)(まな)学生(がくせい)らと一緒(いっしょに)にラオスの法律(ほうりつ)について研究(けんきゅう)している様子(ようす)です。

日本における研修や共同研究の様子
日本(にほん)における研修(けんしゅう)共同研究(きょうどうけんきゅう)

国際協力部(こくさいきょうりょくぶ)では,開発途上国(かいはつとじょうこく)法律(ほうりつ)専門家(せんもんか)日本(にほん)()てもらい,一緒(いっしょ)研究(けんきゅう)をしています。
写真(しゃしん)は,インドネシアの裁判官(さいばんかん)などが日本(にほん)()て,日本(にほん)法律家(ほうりつか)(はなし)()いたり,インドネシアの法律(ほうりつ)のことを(はな)したりしているところです。

けんさつちょう 検察庁
犯人を取り調べる検察官と検察事務官
捜査(そうさ)取調(とりしら)べの様子(ようす)

検察庁(けんさつちょう)では,検察官(けんさつかん)検察事務官(けんさつじむかん)(はたら)いています。
検察官(けんさつかん)は,検察事務官(けんさつじむかん)協力(きょうりょく)して,法律(ほうりつ)違反(いはん)した(うたが)いのある(ひと)被疑者ひぎしゃ)や,被害者(ひがいしゃ)などから(はなし)()いたり,事件(じけん)関係(かんけい)する証拠(しょうこ)(あつ)めて,事件(じけん)真実(しんじつ)(あき)らかにし,被疑者(ひぎしゃ)裁判(さいばん)にかける(起訴(きそ)する)かどうかを決定(けってい)します。

公判廷(裁判員裁判)の様子
裁判(さいばん)公判廷(こうはんてい)様子(ようす)

検察官(けんさつかん)事件(じけん)起訴(きそ)すると,裁判(さいばん)(おこな)われます。
検察官(けんさつかん)は,裁判(さいばん)で,起訴(きそ)された(ひと)被告人ひこくにん)がどのような事件(じけん)()こしたのかを証拠(しょうこ)(もと)づいて(あき)らかにし,どのような刑罰(けいばつ)(あた)えるべきかについて意見(いけん)()べます。
裁判官(さいばんかん)裁判員(さいばんいん)(ふく)場合(ばあい)もあります。)は,被告人(ひこくにん)および被告人(ひこくにん)補助(ほじょ)をする弁護人(べんごにん)()(ぶん)()き,判決(はんけつ)()(わた)します。

 しゅつにゅうこくざいりゅうかんりちょう 出入国在留管理庁
入国警備官とパトロールカーの画像
入国警備官(にゅうこくけいびかん)

入国警備官(にゅうこくけいびかん)は,日本(にほん)不法(ふほう)滞在(たいざい)したりする外国人(がいこくじん)摘発(てきはつ)し,国外(こくがい)退去強制(たいきょきょうせい)させる入管(にゅうかん)Gメンで,お(まわ)りさんと(おな)じような階級(かいきゅう)があります。この写真(しゃしん)は,入国警備官(にゅうこくけいびかん)とパトロールカーを撮影(さつえい)したものです。

上陸審査の様子
入国審査官(にゅうこくしんさかん)

空海港(くうかいこう)入国審査官(にゅうこくしんさかん)は,飛行機(ひこうき)(ふね)日本(にほん)()いた外国人(がいこくじん)上陸審査(じょうりくしんさ)などをします。
この写真(しゃしん)は,外国人(がいこくじん)のパスポート(旅券(りょけん))やビザ(査証(さしょう))を確認(かくにん)したり,質問(しつもん)をしたりして,日本(にほん)への上陸(じょうりく)(みと)めてよいかどうかの審査(しんさ)をしているところです。

顔認証ゲートの様子
顔認証(かおにんしょう)ゲート

顔認証(かおにんしょう)ゲートとは,上陸(じょうりく)出国審査場(しゅっこくしんさじょう)導入(どうにゅう)された最新(さいしん)マシンです。現在(げんざい)新千歳(しんちとせ)成田(なりた)羽田(はねだ)中部(ちゅうぶ)関西(かんさい)福岡(ふくおか)那覇空港(なはくうこう)出帰国手続(しゅつきこくてつづき)をする日本人(にほんじん)出国手続(しゅっこくてつづき)をする外国人(がいこくじん)のために導入(どうにゅう)されています。この写真(しゃしん)は,顔認証(かおにんしょう)ゲートのカメラが,日本(にほん)出帰国手続(しゅつきこくてつづき)をする(ひと)(かお)画像(がぞう)撮影(さつえい)し,パスポートの写真(しゃしん)(おな)(ひと)かどうかチェックしているところです。顔認証(かおにんしょう)ゲートの利用(りよう)には,身長(しんちょう)が135センチ以上(いじょう)であることなどの条件(じょうけん)があります。また,顔認証(かおにんしょう)ゲートを利用(りよう)した場合(ばあい)には,入国審査官(にゅうこくしんさかん)から証印(しょういん)(スタンプ)を()けなくても大丈夫(だいじょうぶ)です。

不法就労外国人対策キャンペーンの様子
不法就労外国人対策(ふほうしゅうろうがいこくじんたいさく)キャンペーン

日本(にほん)()外国人(がいこくじん)(おお)くはルールを(まも)って生活(せいかつ)していますが,残念(ざんねん)ながらごく一部(いちぶ)には,(はたら)許可(きょか)()けていないにもかかわらず,そのルールを(やぶ)って(はたら)(とう)不法就労(ふほうしゅうろう)をする外国人(がいこくじん)がいます。出入国在留管理庁(しゅつにゅうこくざいりゅうかんりちょう)では,このような不法就労(ふほうしゅうろう)をなくすため,毎年(まいとし)キャンペーンを(おこな)っています。この写真(しゃしん)は,東京出入国在留管理局(とうきょうしゅつにゅうこくざいりゅうかんりきょく)のマスコットキャラクター(とりぶ)と一緒(いっしょ)不法就労防止(ふほうしゅうろうぼうし)をお(ねが)いするチラシを(くば)っているところです。

こうあんちょうさちょう 公安調査庁
公安調査庁
公安調査庁
立入検査(たちいりけんさ)()かう公安調査官(こうあんちょうさかん)

この写真(しゃしん)は,公安調査官(こうあんちょうさかん)が,過去かこおおくの人々ひとびと無差別むさべつ殺害さつがいしたいわゆる「オウム真理教しんりきょう」の施設(しせつ)立入検査(たちいりけんさ)(はい)るところです。
「オウム真理教しんりきょう」は,東京(とうきょう)地下鉄(ちかてつ)にサリンという猛毒(もうどく)ガスをまいて,(おお)くの乗客(じょうきゃく)駅員(えきいん)殺傷(さっしょう)した事件(じけん)など,いくつもの凶悪(きょうあく)事件(じけん)()()こしました。
公安調査庁(こうあんちょうさちょう)では,「オウム真理教しんりきょう」が二度(にど)とこのような事件(じけん)()こさないよう,全国(ぜんこく)施設(しせつ)立入検査(たちいりけんさ)(おこな)って,危険(きけん)なものなどを(かく)()っていないかを調(しら)べています。

ほうむそうごうけんきゅうしょ 法務総合研究所
UNAFEIにおける国際研修集合写真
UNAFEIにおける国際研修集合写真2
UNAFEI(ユナフェイ)における国際研修(こくさいけんきゅう)

アジアや世界(せかい)国々(くにぐに)警察官(けいさつかん)検察官(けんさつかん)裁判官(さいばんかん)刑務所職員(けいむしょしょくいん)保護観察官(ほごかんさつかん)などが,国連(こくれん)アジア極東犯罪防止研修所(きょくとうはんざいぼうしけんしゅうじょ)
(「UNAFEI(ユナフェイ)」または「アジ(けん)」ともよばれています。)に(あつ)まって一緒(いっしょに)生活(せいかつ)し,犯罪(はんざい)のない社会(しゃかい)(つく)るための授業(じゅぎょう)研修(けんしゅう))を()けます。

ラオスにおける現地セミナーの風景
ラオスにおける現地(げんち)セミナーの風景(ふうけい)

開発途上国(かいはつとじょうこく)派遣(はけん)された法務総合研究所教官ほうむそうごうけんきゅうしょきょうかんは,現地(げんち)に1年以上(ねんいじょう)滞在たいざいし,法律(ほうりつ)アドバイザーとして,法律(ほうりつ)(つく)支援(しえん)や,裁判官(さいばんかん)検察官(けんさつかん)などの法律(ほうりつ)専門家(せんもんか)(そだ)てる支援(しえん)(おこな)っています。
この写真(しゃしん)は,ラオスに派遣(はけん)されている教官(きょうかん)などが,現地(げんち)法律(ほうりつ)先生(せんせい)法律(ほうりつ)(まな)学生(がくせい)らと一緒(いっしょに)にラオスの法律(ほうりつ)について研究(けんきゅう)している様子(ようす)です。

日本における研修や共同研究の様子
日本(にほん)における研修(けんしゅう)共同研究(きょうどうけんきゅう)

国際協力部(こくさいきょうりょくぶ)では,開発途上国(かいはつとじょうこく)法律(ほうりつ)専門家(せんもんか)日本(にほん)()てもらい,一緒(いっしょ)研究(けんきゅう)をしています。
写真(しゃしん)は,インドネシアの裁判官(さいばんかん)などが日本(にほん)()て,日本(にほん)法律家(ほうりつか)(はなし)()いたり,インドネシアの法律(ほうりつ)のことを(はな)したりしているところです。

 しゅつにゅうこくざいりゅうかんりちょう 出入国在留管理庁
入国警備官とパトロールカーの画像
入国警備官(にゅうこくけいびかん)

入国警備官(にゅうこくけいびかん)は,日本(にほん)不法(ふほう)滞在(たいざい)したりする外国人(がいこくじん)摘発(てきはつ)し,国外(こくがい)退去強制(たいきょきょうせい)させる入管(にゅうかん)Gメンで,お(まわ)りさんと(おな)じような階級(かいきゅう)があります。この写真(しゃしん)は,入国警備官(にゅうこくけいびかん)とパトロールカーを撮影(さつえい)したものです。

上陸審査の様子
入国審査官(にゅうこくしんさかん)

空海港(くうかいこう)入国審査官(にゅうこくしんさかん)は,飛行機(ひこうき)(ふね)日本(にほん)()いた外国人(がいこくじん)上陸審査(じょうりくしんさ)などをします。
この写真(しゃしん)は,外国人(がいこくじん)のパスポート(旅券(りょけん))やビザ(査証(さしょう))を確認(かくにん)したり,質問(しつもん)をしたりして,日本(にほん)への上陸(じょうりく)(みと)めてよいかどうかの審査(しんさ)をしているところです。

顔認証ゲートの様子
顔認証(かおにんしょう)ゲート

顔認証(かおにんしょう)ゲートとは,上陸(じょうりく)出国審査場(しゅっこくしんさじょう)導入(どうにゅう)された最新(さいしん)マシンです。現在(げんざい)新千歳(しんちとせ)成田(なりた)羽田(はねだ)中部(ちゅうぶ)関西(かんさい)福岡(ふくおか)那覇空港(なはくうこう)出帰国手続(しゅつきこくてつづき)をする日本人(にほんじん)出国手続(しゅっこくてつづき)をする外国人(がいこくじん)のために導入(どうにゅう)されています。この写真(しゃしん)は,顔認証(かおにんしょう)ゲートのカメラが,日本(にほん)出帰国手続(しゅつきこくてつづき)をする(ひと)(かお)画像(がぞう)撮影(さつえい)し,パスポートの写真(しゃしん)(おな)(ひと)かどうかチェックしているところです。顔認証(かおにんしょう)ゲートの利用(りよう)には,身長(しんちょう)が135センチ以上(いじょう)であることなどの条件(じょうけん)があります。また,顔認証(かおにんしょう)ゲートを利用(りよう)した場合(ばあい)には,入国審査官(にゅうこくしんさかん)から証印(しょういん)(スタンプ)を()けなくても大丈夫(だいじょうぶ)です。

不法就労外国人対策キャンペーンの様子
不法就労外国人対策(ふほうしゅうろうがいこくじんたいさく)キャンペーン

日本(にほん)()外国人(がいこくじん)(おお)くはルールを(まも)って生活(せいかつ)していますが,残念(ざんねん)ながらごく一部(いちぶ)には,(はたら)許可(きょか)()けていないにもかかわらず,そのルールを(やぶ)って(はたら)(とう)不法就労(ふほうしゅうろう)をする外国人(がいこくじん)がいます。出入国在留管理庁(しゅつにゅうこくざいりゅうかんりちょう)では,このような不法就労(ふほうしゅうろう)をなくすため,毎年(まいとし)キャンペーンを(おこな)っています。この写真(しゃしん)は,東京出入国在留管理局(とうきょうしゅつにゅうこくざいりゅうかんりきょく)のマスコットキャラクター(とりぶ)と一緒(いっしょ)不法就労防止(ふほうしゅうろうぼうし)をお(ねが)いするチラシを(くば)っているところです。

こうあんちょうさちょう 公安調査庁
公安調査庁
公安調査庁
立入検査(たちいりけんさ)()かう公安調査官(こうあんちょうさかん)

この写真(しゃしん)は,公安調査官(こうあんちょうさかん)が,過去かこおおくの人々ひとびと無差別むさべつ殺害さつがいしたいわゆる「オウム真理教しんりきょう」の施設(しせつ)立入検査(たちいりけんさ)(はい)るところです。
「オウム真理教しんりきょう」は,東京(とうきょう)地下鉄(ちかてつ)にサリンという猛毒(もうどく)ガスをまいて,(おお)くの乗客(じょうきゃく)駅員(えきいん)殺傷(さっしょう)した事件(じけん)など,いくつもの凶悪(きょうあく)事件(じけん)()()こしました。
公安調査庁(こうあんちょうさかん)では,「オウム真理教しんりきょう」が二度(にど)とこのような事件(じけん)()こさないよう,全国(ぜんこく)施設(しせつ)立入検査(たちいりけんさ)(おこな)って,危険(きけん)なものなどを(かく)()っていないかを調(しら)べています。