刑務作業をご利用される方へ
ホーム
トップ
刑務作業に
ついて
業種で探す
 ■ 木工
 ■ 印刷
 ■ 洋裁
 ■ 金属
 ■ 革工
 ■ 農業
 ■ その他
 ■ 職業訓練
地域で探す
 ■ 北海道
 ■ 東北
 ■ 関東
 ■ 中部
 ■ 近畿
 ■ 中国
 ■ 四国
 ■ 九州
ご契約方法
刑務作業
Q&A
イベント情報
作業依頼
アンケート
リンク
Since 2014/7/16

・Q1 どのような作業でも実施していただけますか?
・Q2 就業者(受刑者)の派遣による作業は可能ですか?
・Q3 契約はいつでもできるのですか?
・Q4 契約方法には、どんな種類がありますか?
・Q5 事業部作業とは、どんな内容ですか?
・Q6 契約する場合、すべて契約書が必要でしょうか?
・Q7 契約の期間は、どのように定められていますか?また、期間中の解除は可能ですか?
・Q8 契約賃金はどのようにして決めるのですか?
・Q9 賃金以外に必要となる直接的な経費はありますか?
・Q10 光熱水料等の経費の負担はどうなりますか?
・Q11 機械設備はどうなっていますか?
・Q12 作業時間、休日はどうなっていますか?
・Q13 残業は行っていただけますか?
・Q14 技術指導、製品検査などはどのような形で実施されますか?
・Q15 「指導員」を派遣する場合、どのような手続きが必要でしょうか?
・Q16 万一、不良品が発生した場合、どのように対処していただけるのですか?
・Q17 製素品や原材料の搬出入はどのように行うのですか? また、時間的制限はありますか?
・Q18 万一、受刑者が作業上負傷したような場合は、どのようになりますか?
・Q19 賃金の支払いはどうなりますか? また、支払いが遅れた場合はどうなりますか?
・Q20  手形による支払いは可能ですか?

 


どのような作業でも実施していただけますか?

  基本的には、可能ですが、特殊な技術・設備を要するものや、危険度の高い作業はお請けいたしかねる場合があります。

就業者(受刑者)の派遣による作業は可能ですか?

  可能です。
  作業内容や通勤距離等確認すべき問題もあることから、個別に検討させていただきます。

 


契約はいつでもできるのですか?

  既存契約作業の解約・減産等により、作業に空きがある場合は、いつでも可能です。

契約方法には、どんな種類がありますか?

  製品の出来高による単価契約、時間賃金による人頭契約及び事業部作業による物品売買契約があります。

事業部作業とは、どんな内容ですか?

  (公財)矯正協会刑務作業協力事業部との間の売買契約により、受注物品の製作に必要な原材料を同事業部において調達し、刑務所で製作の上、製品を同事業部から納品させていただくものです。

契約する場合、すべて契約書が必要でしょうか?

  一般的な労務の提供による作業の場合は、契約金額が100万円を超え、又は、契約期間が継続して2か月を超える場合に必要です。

契約の期間は、どのように定められていますか?また、期間中の解除は可能ですか?

  会計年度(4月から翌年3月まで)を単位としております。なお、契約の解除は書面をもって2か月前に行っていただければ可能です。

契約賃金はどのようにして決めるのですか?

  契約者の当事者が協議して決定いたします。一応の目安として、各都道府県の最低賃金を基準とし、就業者の技能の程度、作業内容、刑務作業の特殊性などをしんしゃくして決定することとなります。

賃金以外に必要となる直接的な経費はありますか?

  基本的にありませんが、作業内容によっては、消耗品等についてご負担をお願いする場合があります。

光熱水料等の経費の負担はどうなりますか?

  原則として国で負担します。

機械設備はどうなっていますか?

  すべての機械設備が十分に整っているわけではありませんので、作業内容によっては、ご提供願うこととなります。

作業時間、休日はどうなっていますか?

  各刑務所等において1日8時間を超えない範囲内で定めることとされており、その時間帯はおおむね午前7時40分ころから、午後4時20分ころまでとなっております。                   土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律に定める休日は休みになります。
  また、その他作業を行わない日として12月29日から1月3日、法務大臣が定める7月から9月までの間の土日祝祭日を除いた連続する3日及び刑務所等の長が1月につき                   2日の範囲で定める矯正指導を行う日が設けられています。     

残業は行っていただけますか?

  通常は行っていませんが、納期等の関係から必要があれば実施することも可能です。

技術指導、製品検査などはどのような形で実施されますか?

  作業専門官が配置されておりますので、その者が責任をもって対応します。なお、必要に応じて貴社から「指導員」を派遣していただくことも可能です。

「指導員」を派遣する場合、どのような手続きが必要でしょうか?

  あらかじめ派遣依頼書に添付書類(身分証明書、履歴書、住民票、健康診断書等)を添えて申請いただき、審査の上、許可させていただきます。

万一、不良品が発生した場合、どのように対処していただけるのですか?

  国に瑕疵(かし)がある場合は、責任をもって手直し等の修繕を行います。

製素品や原材料の搬出入はどのように行うのですか? また、時間的制限はありますか?

  すべて貴社の負担において行っていただきます。なお、搬出入の時間については、警備上の制約等から作業を実施している日のおおむね午前8時30分から午後3時30分ころまでとなっています。

万一、受刑者が作業上負傷したような場合は、どのようになりますか?

  国から障害手当金が支給されますので、災害補償費や病気見舞金等は、基本的に必要ありません。

賃金の支払いはどうなりますか? また、支払いが遅れた場合はどうなりますか?

  月末に当月分の賃金を計算し、翌月初めに納入告知書をもって請求させていただきます。請求のあった日から20日以内に最寄りの銀行等から振込みいただくことになります。なお、お支払いが遅れた場合は納付期限後の日数に応じ所定の率によって計算した延滞金をお支払いいただくこととなります。

手形による支払いは可能ですか?

  すべて現金での取扱いとなります。