内科医師 50歳代インタビュー①

内科医師 (50歳代①)

pixta_18860466 私は,平成元年に大学を卒業し,2年間の初期研修の後,母校の消化器内科の医局に入局しました。4年が過ぎたところで教授から「刑務所で働くように。ただし,研究は今までどおり続けること。」と言われて某刑務所で勤務することになりました。
 所属する肝臓グループの外来や肝生検などはそのまま継続しましたが,医局の病棟・外来当番などは免除されましたので,研究に割ける時間は減りませんでした。ラットや培養細胞などの生き物を相手にした実験であれば多少影響があったのかもしれませんが,分子生物学の実験をやっていたので,空いている時間にいつでもできるため全く影響はありませんでした。家族が増えた時期でもあったので,大学の助教の先生よりも余程高い給与も助かりました。最近は,矯正医官特例法のおかげで,勤務時間の自由度も広がり,兼業がしやすくなるなど,収入面では更に改善がなされております。
 現在は入職して約21年となり,平成15年4月から医務部長となって所内の管理業務も増え,大学へは肝臓外来に行くだけになりましたが,矯正医療というものに色々な面白さを感じています。まず,良くも悪くも最初から最後まで診なくてはなりません。一般の医療では自分で判らなければ専門医に紹介して最終的な結果が見えないことも多いと思いますが,刑務所では専門医の診断が必ず手元に返ってくるため,オールラウンドな実力が付きます。また,千人程度を対象にしていますので,比較的レアな疾患にも向き合う経験ができます。加えて,刑務所では,患者の食住も目の前にあるので,給食を通じた食への介入,産業医としての職場への介入など,病院の外来からは見えない実践現場が目の前に広がっているという面白さがあります。
 「刑務所なんて怖いのでは」と思われるかもしれません。しかし,そんなことはありません。もちろん診察の現場には必ず刑務官が立ち会いますが,それ以前の問題として普通にコミュニケーションが取れる能力があれば,受刑者も普通の人間ですから,いきなり向かってくるようなことはありません。親身になって医療を行っていれば,自然と慕われるようになるのはどこでも同じです。
 是非,貴方も我々と一緒に働いてみませんか。

 

他の現役矯正医官からー>

採用に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ
Copyright 2017 矯正医官