精神科医師 40歳代インタビュー②

精神科医師 (40歳代②)

pixta_18378818_l 私は医者である前に,まず,当たり前の人間でありたいと思っています。
 医師は聖職ですが,仕事に打ち込むあまり,自分を支える周囲の人をないがしろにするようでは,本当の意味で人の役には立てないと思っています。医師人生にも,就職,大学院,結婚,出産,育児,介護,自らの病気など様々なライフイベントがあります。周りの人を支えるため,自分の責任を果たすために,時間に融通が利く職場,ゆっくり仕事ができる職場でなければならない時期もあるかと思います。そんな時期の仕事先として,福利厚生に優れた矯正の職場はとても良いと考えています。
 私は,大学院から始まり,医師と結婚,出産,育児と,気付いてみれば14年も勤めています。その間,精神保健指定医,学位,専門医も取得し,給料もそれなりに増えています。患者を治療することを通じ,安心して暮らせる社会に貢献でき,満足しています。

他の現役矯正医官からー>

採用に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ
Copyright 2017 矯正医官