本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 民事局 > 登記-商業・法人登記- > OCR用申請用紙の配布の終了について(「登記すべき事項をオンラインで提出する方法」の御案内)

OCR用申請用紙の配布の終了について(「登記すべき事項をオンラインで提出する方法」の御案内)


 現在,一部の登記所では,会社・法人の登記の申請について,「登記すべき事項をOCR用申請用紙に記載して提出する方法」を取り扱っておりますが,今後,順次OCR用申請用紙の配布を終了していくこととなりましたので,お知らせいたします。
 今後は,「登記すべき事項をオンラインで提出する方法」を御利用いただきますよう,よろしくお願いいたします。
 なお,現在,登記すべき事項を登記申請書に直接記載されている方,又は電磁的記録媒体(CD-R,DVD-R)に記録して提出されている方におかれましても,「登記すべき事項をオンラインで提出する方法」には以下のようなメリットがありますので,是非御利用いただきますよう,よろしくお願いいたします。

 <「登記すべき事項をオンラインで提出する方法」のメリット
 1 提出した際の登記すべき事項の情報を利用して,登記申請書を簡単に作成することができます。
 2 電磁的記録媒体(CD-R又はDVD-R)を用意する必要がありません。
 3 オンラインによって,受付番号,補正,手続終了等のお知らせを受けることができます。
 4 電子署名及び電子証明書の添付は,必要ありません。

 申請方法等について,詳しくは,登記を申請する会社又はその他の法人の本店若しくは支店又は主たる事務所若しくは従たる事務所の所在地を管轄する登記所に御確認ください。管轄登記所については,法務局ホームページ「管轄のご案内」を御覧ください。
 なお,「登記すべき事項をオンラインで提出する方法」についての詳細は,法務省ホームページにも掲載しておりますので,法務省ホームページ「登記・供託オンライン申請システムによる登記事項の提出について」を御覧ください。
ページトップへ