トップページ  >  トピックス  >  民法の一部を改正する法律(成年年齢関係)について >  令和元年10月23日 関西学院千里国際中等部

令和元年10月23日 関西学院千里国際中等部

関西学院千里国際中等部における意見交換会の開催について

 令和元年10月23日、関西学院千里国際中等部において、中学三年生の皆さん(2クラス)と意見交換会を実施しました!
 前回と同様に、1クラス20人の生徒のみなさんが4~5人のグループに分かれ,
  (1)社会で一人前の大人として生きていくために,どんな能力が必要か
  (2)その能力を備えるために,若者はどんなことをする必要があるか
  (3)そんな若者に対して,国や地方自治体はどのようなサポートができるのか
 をテーマとして,活発な議論をしてくださいました!

各グループの提案について

 各グループのテーマ(1)~(3)についての提案内容は,次のとおりでした。
 議論の中では、インターネットやSNSで人を傷つけないように振る舞うことの大切さや、自身の意見をはっきりと表明することの大切さが指摘され、中学生の皆さんが成年年齢引下げを自身のこととして捉え、主体的に考えるその姿勢に大変感銘を受けました。

参加者の感想等

 意見交換に参加した生徒の皆さんに,成年年齢引下げについてのアンケートに協力していただきました。
 成年年齢引下げのメリットをどう考えるかについては,自分で自分のことを決められるようになる,できるようになることが広がる,早く親元を離れることができてある程度自由に過ごせる,早く自立でき,責任感を持てるようになる,自己管理能力を養える,既に成年年齢が引き下げられている諸外国に追いつける,などの回答がありました。他方で,メリットは分からない,できるようになることの幅が広がるのはデメリットになるという考え方もできる,今の教育体制だけでは自己管理能力を養うことができない,と回答してくれた方もいました。
 また,デメリットとしては,犯罪に巻き込まれる可能性があること,取り返しのつかない契約をしてしまうかもしれないこと,自己管理ができず,そのために様々なトラブルに巻き込まれる可能性があること,自立できる人とそうではない人の差が大きくなる可能性があること,などの回答がありました。
 18歳で成年を迎えるに当たって留意すべきことを聞いたところ,世の中で生きていくためにどういうことが必要なのか考えて学ぶことを心がけるという意見や,何かをしたときにどうなるか,という先のことを考えることが必要という意見,自分の行動に責任を持つようにするべきという意見が出たほか,金銭管理をするために家計簿をつけるようにするなどの具体的な提案をしてくれた方もいました。
 意見交換会全体の感想として,成年年齢引下げについてクラスメートと議論することで,いろいろな考えがあることを知ることができたという意見が多く見られました。また,成年年齢引下げについては,若者にとってはメリットよりデメリットの方が大きいと思うものの,日本の若者が成長することで,これからに期待ができる,といった意見も寄せられました。
 アンケートに協力してくださったみなさん,ありがとうございました!