本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
 
トップページ > 政策・施策 > トピックス > 民法の一部を改正する法律(成年年齢関係)について > 令和元年9月19日 都立町田高等学校

令和元年9月19日 都立町田高等学校

 

第1回若者意見交換会の開催について

 令和元年9月19日,「成年年齢引下げの意義について」をテーマとして,都立町田高校の高校1年生のクラス(2クラス)を対象として,若者意見交換会を実施しました。
 1クラス40人の生徒のみなさんが4人のグループに分かれ,
  (1)社会で一人前の大人として生きていくために,どんな能力が必要か
  (2)その能力を備えるために,若者はどんなことをする必要があるか
  (3)そんな若者に対して,国や地方自治体はどのようなサポートができるのか
 をテーマとして,活発な議論をしてくださいました!

各グループの提案について

 各グループのテーマ(1)~(3)についての提案内容は,次のとおりでした。
 

参加者の感想等

 意見交換に参加した生徒の皆さんに,成年年齢引下げについてのアンケートに協力していただきました。
 成年年齢引下げのメリットをどう考えるかについては,若者が自由に自分で決められることが増える,18歳で大人だという意識が世の中に広がるため,若い人々の国に対する意見や考えが受け入れられるようになる,政治や自立について早く興味を持つようになる,などの回答がありました。他方で,メリットはあまり感じられないという回答もありました。
 また,デメリットとしては,消費者被害の拡大という回答のほか,経験や知識の不足により,契約の締結などの場面で適切な判断ができない,他者の意見や視点での考えを欠き,トラブルが起こりやすくなる可能性があるなど,若者の判断力に関する懸念を示す回答や,未成年者が判断を間違えた場合のセイフティネットがない,若者に責任を負わせすぎるなど,若者への保護,支援の必要性を指摘する回答がありました。
 18歳で成年を迎えるに当たって留意すべきことを聞いたところ,さまざまな回答がありました。大人としての自覚を持ち,責任ある行動を心がける,自分の意見を持ち,他人の話にも耳を傾けるなど,大人としての心構えの重要性を答えてくれた方もいましたし,知識や能力の面に着目し,社会・経済や消費者問題等の知識を備える,物事を見分ける判断力やコミュニケーション能力を高めると回答した方もいました。また,このような能力を備えるための方法として,子供の頃から一人で出来ることを増やし,自分で判断する経験をたくさん積むという回答もありました。他方,法律上の大人になったからといって自分の力を過信せず,周囲の人に相談するなど,周りの力を借りることが必要な場合もあると回答した方もいました。
 
 アンケートに協力してくださったみなさん,ありがとうございました!成年年齢の引下げの実施に向けて,これからの周知活動などにこの結果を活用していきたいと思います。
ページトップへ