本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 行政手続の案内 > 出入国管理及び難民認定法関係手続 > 在留資格変更許可申請 > 日本での活動内容に応じた資料【在留資格変更許可申請・在留資格取得許可申請】 > 在留資格「短期滞在」(例,観光等)へ変更する場合 > 短期滞在1

短期滞在1

外国人の方が,観光等のため,「短期滞在」の在留資格へ変更する場合

提出資料

1 在留資格変更許可申請書 1通
※地方入国管理官署において,用紙を用意してます。また,法務省のホームページから取得することもできます。
2 パスポート及び在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含む。以下同じ。) 提示
3 「短期滞在」への変更を必要とする理由書(書式自由) 1通
4 出国するために必要な交通手段を確保していることを明らかにする資料(航空券等) 適宜(提示)
5 身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等) 提示
※上記5については,申請人本人以外の方(申請書等を提出できる方については,こちらのページを参照して下さい。)が申請書等を提出する場合において,申請書等を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。また,申請人以外の方が申請書等を提出する場合であっても,上記2の「申請人のパスポート及び在留カードの提示」が必要です。
※※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もありますので,あらかじめ,ご承知おき願います。※※

留意事項

1 在留資格変更許可申請に関する手続等の案内については,入国管理局ホームページの「各種手続案内」(別ウィンドウで開きます)をご覧下さい。
2 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付して下さい。
ページトップへ