本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 行政手続の案内 > 出入国管理及び難民認定法関係手続 > 在留期間更新許可申請 > 日本での活動内容に応じた資料【在留期間更新許可申請】 > 短期滞在

短期滞在

外国人の方が,人道上の真にやむをえない事情等により,「短期滞在」の在留資格に係る活動を引き続き希望する場合は,以下の提出書類が必要になります。

※ 在留資格「短期滞在」に係る在留期間の更新は,原則として,人道上の真にやむをえない事情又はこれに相当する特別な事情がある場合に認められるものであり,例えば,病気治療をする必要がある場合などがこれに当たります。

提出書類

1 在留期間更新許可申請書 1通
※ 地方入国管理官署において,用紙を用意してます。また,法務省のホームページから取得することもできます。
2 パスポート 提示
3 「短期滞在」の在留資格に係る活動を引き続き必要とする理由を明らかにする資料 1通
※ 例えば,病気治療を理由とする場合,診断書を提出願います。
4 日本に入国してから現在までの活動を説明する資料(書式自由,具体的に記載願います。) 1通
5 滞在中の経費を支弁できることを証する資料及び出国のための手段又は経費を支弁できることを証する資料 1通
※ 例えば,預金残高証明書や帰国用航空券を提出願います。
6 身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等) 提示
※ 上記6については,申請人本人以外の方(申請が提出できる方については,こちらのページを参照して下さい。)が申請を提出する場合において,申請を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。また,申請人以外の方が申請書類を提出する場合であっても,上記2の「申請人のパスポートの提示」が必要です。

※※このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もありますので,あらかじめ,ご承知おき願います。※※

留意事項

1 提出資料が外国語で作成されている場合には,訳文(日本語)を添付して下さい。
2 この申請は,原則的には,申請人本人が入国管理局に出頭して行うことになります。
ページトップへ