トップページ  >  情報公開・公文書管理・個人情報保護  >  情報公開・公文書管理 >  地方支分部局,施設等機関等の標準文書保存期間基準

地方支分部局,施設等機関等の標準文書保存期間基準

 法務省行政文書管理規則(平成23年法務省秘文訓第308号)第16条第1項において,「文書管理者は,別表第1に基づき,保存期間表(※標準文書保存期間表)を定め,これを公表しなければならない。」とされています。

 法務省本省の施設等機関,審議会の文書管理者が定めた標準文書保存期間は以下のとおりです。

※[PDF]と記載された各組織の名称をクリックすると,PDFファイルが開きます。
 その他の機関の名称をクリックすると,各機関の標準文書保存期間が掲載されたページ又は各機関が設置しているページへ移動します。

施設等機関

法務総合研究所
総務課[PDF]
企画課[PDF]
研究部[PDF]
研修第一部[PDF]
研修第二部[PDF]
研修第三部[PDF]
国際連合研修協力部・国際協力部[PDF]
 

審議会

中央更生保護審査会[PDF]

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。