本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 政策・施策 > その他の政策・施策 > G8司法・内務大臣会議 > 2009年G8司法・内務大臣会議の開催結果

2009年G8司法・内務大臣会議の開催結果

第1 開催日・都市

 2009年5月29日(金)~30日(土) イタリア・ローマ
                       (昨年は東京で開催)

第2 出席者

 G8各国(日英米独仏伊加露)及びEU議長国の司法・内務大臣並びに国際機関の代表者等


 我が方の出席者

  (法務省)小津法務事務次官

  (警察庁)安藤次長

第3 会議の概要

 組織犯罪や児童ポルノ・サイバー犯罪、移民問題、都市におけるセキュリティー対策、テロ対策に関し、その現状や問題点、これに対する対策などについて議論され、G8各国を含む国際社会が協力・協調して取り組むことの重要性が確認されるとともに、1992年にイタリアにおいて犯罪組織によって爆殺されたファルコーネ判事の偉業(組織犯罪対策を強力に推進したこと)を讃え、組織犯罪対策の重要性を訴える記念行事も併せて開催されました。

 議論の結果については、G8司法・内務大臣会議最終宣言のほか、「児童ポルノ犯罪者によって脅かされる児童に対する危険性」及び「海賊との闘い」と題する2つの独立した閣僚宣言が取りまとめられ、これを採択しました。

第4 参考事項

 来年(2010年)のG8司法・内務大臣会議は、カナダにおいて開催される予定です。

ページトップへ