本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > フォトニュース > 谷垣法務大臣が来日中のパッチャラキティヤパー・タイ王国王女殿下と懇談されました。

谷垣法務大臣が来日中のパッチャラキティヤパー・タイ王国王女殿下と懇談されました。

 平成25年1月11日(金)午後3時45分から約20分間,谷垣法務大臣は,来日中のパッチャラキティヤパー・タイ王国王女殿下と懇談されました。王女殿下は「女性犯罪者の処遇」をテーマとした国連アジア極東犯罪防止研修所:「アジ研」(法務総合研究所国際連合研修協力部が国連と共同で運営)の第153回国際高官セミナーにおける特別講義を行うため,来日されたものです。概要は以下のとおりです。
  1.   冒頭,谷垣大臣から,平成23年3月に発生した東日本大震災でのタイ王国からの支援への感謝の意を表明するとともに,本月10日,アジ研の国際高官セミナーにおいて特別講義を行っていただいたことへの謝意を伝えました。また,谷垣大臣は,パッチャラキティヤパー王女殿下が積極的に改善に取り組んでおられる女性受刑者の処遇,人権擁護,社会復帰などについて,我が国においても改善を進める必要があると認識していることや,今後も,刑事司法,矯正等の分野において両国間で協力していきたい旨を伝えました。
  2.   これに対し,パッチャラキティヤパー王女殿下からは,これまでも,刑事司法,矯正等の分野で両国間の協力関係を継続してきており,今後とも,アジ研を始め日本の法務省との緊密な関係を維持していきたいとのお言葉を頂きました。また,2015年開催予定の国連犯罪防止・刑事司法会議(コングレス)で予定されている女性犯罪者の処遇をテーマとしたワークショップについて,タイ王国の司法研究所がアジ研と協力しながら準備していきたい等と述べられました。

刑事司法,矯正等の分野における両国の協力関係について意見交換を行う王女殿下と谷垣法務大臣

谷垣法務大臣から,女性受刑者の処遇等について,両国間で協力していきたい旨をお伝えしました。

王女殿下から,今後とも,刑事司法,矯正等の分野で緊密な協力関係を維持していきたいとのお言葉を頂きました。

懇談後,笑顔で記念撮影する王女殿下と谷垣法務大臣
ページトップへ