本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > フォトニュース > 谷垣法務大臣及び新藤総務大臣が,東京法務局及び府中刑務所を視察しました(12月17日)。

谷垣法務大臣及び新藤総務大臣が,東京法務局及び府中刑務所を視察しました(12月17日)。

平成25年12月17日(火),谷垣法務大臣は,新藤総務大臣と共に,東京法務局及び府中刑務所を視察しました。

東京法務局の視察

 谷垣大臣は,法務局の行う不動産登記事務を視察した感想として,「相続事件,あるいは,土地の所有状況などを昔の公図にわたって調査しなければならないというような案件を実際に見てみますと,手作りでやっていかなければならない部分が多く,経済取引の基盤である登記業務についての人的体制の整備の必要性を改めて痛感しました」と述べられました。

東京法務局内を視察する谷垣大臣と新藤大臣

法務局職員が偽造を見抜いた登記申請の添付書類について説明を受ける谷垣大臣と新藤大臣

相続の複雑な権利関係について説明を受ける谷垣大臣と新藤大臣

府中刑務所の視察

 谷垣大臣及び新藤大臣は,府中刑務所を始め,全国の刑事施設において,高齢受刑者など,処遇に特別の配慮を要する被収容者が増加している状況や,それに伴い,刑事施設での医療の需要が高まっている事情,また,刑事施設で行っている再犯防止対策の取組などについて,府中刑務所内の工場,居室,医療設備,改善指導の様子などを視察しました。

受刑者が工場で刑務作業を行っている様子を視察する谷垣大臣と新藤大臣(受刑者のインフルエンザ対策のため,所内では,現在,マスクを着用することとされています。)

受刑者の居室を視察する谷垣大臣と新藤大臣(受刑者のインフルエンザ対策のため,所内では,現在,マスクを着用することとされています。)

視察後に,府中刑務所職員等と記念撮影する谷垣大臣と新藤大臣
ページトップへ