本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > フォトニュース > 【再犯防止】シンポジウムを開催しました~スウェーデンの再犯防止対策を踏まえて~

【再犯防止】シンポジウムを開催しました~スウェーデンの再犯防止対策を踏まえて~

 平成26年3月12日(水)午後3時から6時まで,当省大会議室において,スウェーデン矯正保護庁からニルス・オーベリ長官ほか3名を迎えるとともに,国内からも複数の有識者(矢野恵美氏(琉球大学大学院法務研究科准教授),堂本暁子氏(女子刑務所のあり方研究委員会委員長),木藤繁夫氏(更生保護法人日本更生保護協会副理事長))を招き,「再犯防止シンポジウム~スウェーデンの再犯防止対策を踏まえて~」を開催しました。

谷垣法務大臣による開会挨拶
 シンポジウムは,谷垣法務大臣の開会挨拶で始まりました。
 オーベリ長官による基調講演では,スウェーデンの再犯防止対策,その中でも特に,女性犯罪者の特性に配慮した取組を中心に紹介されました。シンポジウム後半の,パネルディスカッションでは,女性犯罪者対策や民間団体と連携して行う刑務所出所者等の住居の確保や就労支援の在り方について,議論しました。

オーベリ長官による基調講演

有識者を交えてのパネルディスカッション
 また,オーベリ長官らは,シンポジウムの前後で,大臣への表敬とともに,矯正施設や更生保護施設を視察し,省内外の再犯防止施策関係者との意見交換も多数行いました。
 今回の交流は,我が国の再犯防止対策を一層推進する上での貴重な機会となりました。

谷垣法務大臣表敬時
ページトップへ