本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > アジア保護司会議を開催しました(平成26年7月9・10日)

アジア保護司会議を開催しました(平成26年7月9・10日)

 アジア地域において保護司制度(又は保護司制度に類似する制度)を導入している韓国,フィリピン,シンガポール,タイの各国から保護司等を招き(ケニア及び中国からオブザーバーを招へい,海外からの参加者は計18名。),情報交換と協力関係の強化を図るとともに,将来,国際的なネットワークを構築することを目的として,自国の保護司制度についての紹介,日本の保護司を交えての意見交換等を行いました。 本会議は,更生保護法人日本更生保護協会の設立100周年事業の一環として開催されましたが,このような保護司の国際会議は世界で初めてです。 会議に先立ち,海外からの参加者が谷垣法務大臣を表敬しました。

海外参加者を笑顔で迎える谷垣大臣

海外参加者18名との記念写真
 会議は,谷垣大臣の挨拶で始まり,日本も含めた国別発表(各国から保護司制度や独自の取組についての発表)がありました。
 質疑の時間が足りなくなるほど数多くの質問があり,活発な質疑応答になりました。

アジア保護司会議における谷垣大臣の挨拶

国別発表の様子
 本会議の総括として,アジア各国の経験を共有し,保護司を始めとする更生保護関係者の国際的なネットワークをさらに構築していくという「アジア保護司会議における東京宣言」が採択されました。

東京宣言の読み上げ(韓国,フィリピン,日本,タイ,シンガポール)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ