本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > 上川法務大臣がJリーグと連携・協力した人権啓発活動に参加しました(平成26年11月22日(土))。

上川法務大臣がJリーグと連携・協力した人権啓発活動に参加しました(平成26年11月22日(土))。

 法務省は,Jリーグと連携・協力して,人権啓発活動を実施しています
 平成26年11月22日(土),IAIスタジアム日本平(静岡県静岡市清水区)においてJリーグ清水エスパルスと静岡県人権啓発活動ネットワーク協議会(静岡県人権啓発活動ネットワーク協議会のホームページが開きます)が連携・協力して実施した人権啓発活動に,上川法務大臣が参加しました。

清水エスパルスの齊藤俊秀アンバサダー(元日本代表)と握手する上川法務大臣
 上川大臣は,試合開始前にサポーターに向けて,「リスペクト」の精神は人権尊重の精神と結びつくこと,「リスペクト」の精神をスタジアムの中だけではなく,スタジアムの外にも広げてほしいことを訴えました。

サポーターに向け挨拶をする上川法務大臣

サポーターに向け挨拶をする上川法務大臣
 ハーフタイムには,人権擁護委員と共に「人権サポーターになろう」の横断幕を持って,ピッチ内を周回し,約1万7,000人のサポーターに人権尊重の精神を伝えました。

「人権サポーターになろう」と訴える上川法務大臣

「人権サポーターになろう」と訴える上川法務大臣
ページトップへ