本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > フォトニュース > 上川法務大臣が,埼玉県さいたま市において,「車座ふるさとトーク」を開催しました。

上川法務大臣が,埼玉県さいたま市において,「車座ふるさとトーク」を開催しました。

 平成27年7月19日(日),上川法務大臣は,埼玉県さいたま市にあるJリーグ大宮アルディージャのクラブハウス「オレンジキューブ」において,「子どもの人権が尊重される地域づくり~地域で見守り地域で育む子どもの人権~」をテーマにして,日頃から人権啓発に関する活発な取組を行っている地域の方々と「車座ふるさとトーク」を行いました。
 「車座ふるさとトーク」は,安倍内閣として,大臣,副大臣,政務官が地域に赴き,テーマを決めて,現場の方々と少人数で車座の対話を行い,生の声をつぶさに聞いて,政策にいかすとともに,政府が取り組んでいる重要政策について説明する取組です。
 今回は,「車座ふるさとトーク」に先立ち,大宮アルディージャのジュニアチーム,50名の皆さんに対して,人権擁護委員,大宮アルディージャ育成普及本部長が人権教室を実施している模様を見学しました。また,「車座ふるさとトーク」では,参加者の方々から,まとめということができないくらいたくさんの率直な御意見をお伺いすることができて非常に有意義な1日となりました。
 概要は以下のとおりです。
 
  1. 上川法務大臣は,開会の挨拶として,「子どもたちを取り巻く環境もなかなか難しい状況にある中で,子どもが自ら命を絶つというような痛ましい事案も出てきています。そうしたことが二度と起こらないようにしていくために,やはり真剣に地域社会の中でも取り組んでいただいていることの問題や課題を率直にお聞かせいただきたいと考えております。」と述べるとともに,昨年度の全国中学生人権作文コンテストに優れた作品を応募していただいた高校生,中学生の両名に対しては,「子どもの目線というものは大人にはとらえられない部分をしっかりと見据えてとらえていらっしゃると思うので,そういう中で忌憚のない意見を大人の社会に寄せていただいているという思いで聞かせていただければと思っております。」と述べ,参加者の皆さまに率直な情報交換や意見交換をお願いしました。
  2. 参加者の方々からは,「地域社会の中で生活している大人たちに守られているという子どもたちの気付きが人権作文からうかがえる。地域社会の大人たちには,まだまだ底力がある。」「保護者の方々に子どもの人権をいかに大切にしてもらえるかということを伝えていかなくてはいけない。そういう意味で,児童と保護者の両面を対象にした人権教室も実施していく必要がある。」「Jリーグとしても人権啓発については全国で取り組んでいる。スポーツの影響力,発信力はあると思うので,各地域の法務局と連携しながら,スポーツをきっかけづくりに活用していただければと思う。」といった貴重な御意見をいただくことができました。
  3. 最後に,上川法務大臣は,「悩みに答えることができる身近な誰かがいるということ,その存在は非常に大事なことなので,そうした関係性というものを作っていくということが重要なのではないか。そのためにも地域の中の様々な機関が共同していただきながら力のあるところを十分に発揮していただいて,智恵を共有してもらいながら,いじめや虐待から誰も救いの手が届かないということがないようにしていくという環境を作ることが非常に大事であると思います。そういうことがうまくいけばいくほど,相乗効果が働くということですので,今後,皆さまの取組も御紹介しながら,全国全て動かしていくということが非常に大事だと考えております。これからも皆さまお一人お一人の力そのものを結集していただくことができますようよろしくお願いいたします。」と,参加者の皆さまに感謝を伝えるとともに,改めて人権啓発に対する御理解と御協力をお願いしました。

     なお,今回の車座ふるさとトークに御協力いただいたのは,次の方々です(順不同)。
   ○ 早稲田大学本庄高等学院                                    入  美月様
   ○ 蕨市立東中学校                                          前田美優様
   ○ さいたま市PTA協議会長                                    鵜沢  勇様
   ○ 朝霞市立第一中学校教諭                                    和合秀昭様
   ○ 埼玉新聞社編成局文化暮らし部長                             佐藤達哉様
   ○ 埼玉県人権擁護委員連合会長                     伊藤一枝様
   ○ 埼玉県人権擁護委員連合会子ども人権委員会委員長      増田  孝様
   ○ さいたま市児童相談所主任                          清水裕子様
   ○ 大宮アルディージャ事業本部ホームタウングループリーダー  池田正人様
   ○ 特定非営利活動法人越谷らるご                    加納想子様


大宮アルディージャ・ジュニアチームから贈呈されたユニフォームを着て記念撮影する上川法務大臣とジュニアチームの方々等

人権教室の様子

車座ふるさとトークの様子1

  • 車座ふるさとトークの様子2

  • トーク後,記念撮影する上川法務大臣と参加者の方々等
ページトップへ