本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > 井野法務大臣政務官がラオス人民民主共和国を訪問しました。

井野法務大臣政務官がラオス人民民主共和国を訪問しました。

 井野法務大臣政務官は,平成29年5月3日から同月7日までの間,法制度整備支援等に関するラオス政府要人との意見交換等のため,ラオス人民民主共和国(ビエンチャン)を訪問しました。概要は以下のとおりです。
 
【訪問概要】

(1) ラオスでは,サイシー・サンティヴォン司法大臣,カンパン・シッティダンパー最高人民裁判所長及びカムサ ーン・スヴォン最高人民検察院長官らと会談したほか,法制度整備支援プロジェクトの方針等を決定する合同調整委員会(JCC)会合に出席するとともに日本の司法研修所を参考にして設立されたラオスの国立司法研修所の視察を行いました。

(2) サイシー・サンティヴォン司法大臣との会談では,これまでの日本とラオス両国の司法分野における良好な関係を確認し,更なる協力関係の構築について意見交換を行うとともに,サイシー大臣からは,日本の全面的な支援により起草されたラオス民法典等の重要法案のラオス国内での審議状況などについて説明を受けました。
 井野政務官は,民法典のような重要な法案の起草に我が国が携わることができたことは光栄である旨述べるとともに,引き続きラオスの法司法分野の人材育成などに協力をしていきたい旨述べました。
 

サイシー大臣と会談する井野政務官(写真中央左)
(3) カンパン・シッティダンパー最高人民裁判所長との会談では,ラオスの法司法分野における人材育成・能力強化などについて意見交換を行うとともに,井野政務官はラオスの法司法分野の人材育成・能力強化のために引き続き協力していく旨述べました。
 

カンパン所長と会談する井野政務官(写真左)
(4) カムサーン・スヴォン最高人民検察院長官との会談では,ラオスの刑事法分野における人材育成や刑事司法制度のラオス国内での普及啓発などについて意見交換を行うとともに,井野政務官はラオス刑事司法分野のさらなる発展のため,引き続き協力していく旨述べました。
 

カムサーン長官と会談する井野政務官(写真左)
(5) JCC会合においては,ウドム・ポーンカムペーンラオス国立大学副学長らから日本のこれまでの支援に対する謝意が伝えられ,井野政務官も法制度整備支援プロジェクトへの期待を述べたほか,同プロジェクトの4つのサブワーキンググループから活動内容や成果等が報告され,今後の活動における課題等に関する活発な意見交換が行われました。
 

JCC会合に出席する井野政務官(写真左)
(6) このほか国立司法研修所を訪問し授業を見学するなど,ラオスにおける法曹養成の現場を視察しました。

国立司法研修所を視察する井野政務官(写真中央右)
ページトップへ