本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > フォトニュース > 上川法務大臣が,グランディ国連難民高等弁務官による表敬を受けました(11月17日)。

上川法務大臣が,グランディ国連難民高等弁務官による表敬を受けました(11月17日)。

 平成29年11月17日(金),上川法務大臣は,フィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官(Mr. Filippo Grandi, United Nations High Commissioner for Refugees (UNHCR))による表敬を受けました。概要は以下のとおりです。
 

グランディ国連難民高等弁務官と握手する上川法務大臣
 冒頭,上川大臣は,グランディ高等弁務官の来省を歓迎するとともに,UNHCRと法務省は,難民を保護するという共通の目標のため,これまで強固な信頼と緊密な関係を築いており,UNHCRからは日頃から多大な御協力をいただいていることに感謝するとともに,今後ともUNHCRとの協力関係を発展させていきたい旨述べました。また,2020年4月に京都で開催される国連犯罪防止・刑事司法会議(コングレス)への参加を呼びかけました。
 

グランディ国連難民高等弁務官と会談する上川法務大臣
 これに対し,グランディ高等弁務官からは,コングレスへのUNHCRからの参加につい大変前向きな発言があるとともに,UNHCR駐日事務所と法務省は非常に良い協力関係にあるところ,今後もこの協力関係及び法務省への支援を継続していきたい旨の発言がありました。
ページトップへ