森法務大臣訓示

令和2年7月17日(金)

 5月25日に新型コロナウイルス感染症についての緊急事態宣言が解除された後も,法務省職員の皆様におかれては,一丸となって,徹底した感染対策に取り組んでくださっているものと承知しています。
 職員の皆様の継続した御尽力に,改めて感謝を申し上げます。
 緊急事態宣言解除後は,感染拡大の防止と社会経済活動の再開の両立を図るべく,政府を挙げて様々な取組を進めており,皆様も,業務上,また私生活上でも,新しい生活様式の下で,日常生活を取り戻しつつあるものと思います。
 しかしながら, 本日,東京都の新規感染者数が293人となるなど,全国の感染状況については,緊張感を持って注視しなければならない状況です。
 法務省においても,現下の状況に鑑み,危機感を持って,感染拡大の防止と適切な業務の遂行の両立を図っていくよう,改めてお願いいたします。
 また, 既に夏季休暇期間に入っており,来週には連休も控えています。皆様におかれては,私生活上も,自分自身や御家族等周囲の方を感染から守るため,法務省職員としての自覚を持って過ごしていただきたいと思います。
 具体的には,引き続き,気を緩めることなく,手洗い,マスクの着用,三つの密の回避といった基本的な感染対策を徹底いただくなど,新しい生活様式に沿った行動をとっていただくようお願いします。
 私も,法務大臣として,義家法務副大臣,宮﨑法務大臣政務官とともに,法務省における感染対策について,引き続き,全力で取り組んでまいります。
 以上で,私の訓示とさせていただきます。

(以上)