法務大臣閣議後記者会見の概要

令和2年9月1日(火)

 今朝の閣議において,法務省案件として,「権利移転等の促進計画に係る不動産の登記に関する政令の一部を改正する政令」が閣議決定されました。
 続いて,私から2件御報告がございます。
 まず1件目は,「新時代の法務省AI推進会議」の立ち上げについてです。
 この度,法務行政におけるAIやICT等の技術の活用を戦略的かつ迅速に検討するため,「新時代の法務省AI推進会議」を立ち上げ,明後日,第1回会議を開催する予定です。
 この会議の構成員は,AI等の最新技術に高い知見を有する有識者の皆様,法務省担当のCIO補佐官,各局部課の担当者です。
 AI等の技術革新が進む中で,業務の質,効率性及び利便性の向上のため,AI等を活用した法務行政の新しい形を考えていくことが求められています。
 この会議においては,法務行政の様々な分野におけるAI等の活用可能性や在り方について,有識者の皆様に御知見・御意見をいただきながら,フリーディスカッションにより,検討を重ねていく予定です。そして,この会議を通じ,法務省において,新たな技術に対する知見がより一層深まることを期待しています。
 続いて2件目は,入国拒否対象地域の追加及び所定の手続を経た在留資格保持者の再入国を認めることについてです。
 8月28日に新型コロナウイルス感染症対策本部が開催され,入国拒否対象地域を追加することに加え,所定の手続を経た在留資格保持者の再入国を認めることなどが公表されました。
 まず,入国拒否対象地域の追加についてですが,政府において,感染者数等を総合的に考慮し,我が国国内への感染者の流入を防止するなどの観点から,8月30日から新たに13か国を対象地域に追加しました。
 次に,在留資格保持者の再入国についてです。入国拒否対象地域に指定される前に再入国許可をもって当該地域に出国した在留資格保持者については,既に,再入国を認めているところですが,本日以降は,入国拒否対象地域に指定された後,昨日までに出国した在留資格保持者についても,所定の手続を経ることにより再入国を認めることとしました。
 また,本邦滞在中の在留資格保持者については,出入国在留管理庁に対して,本日以降,あらかじめ再入国予定の申出を行って出国する場合,その再入国を認めることとしました。
 再入国予定の申出は,本日正午から法務省ホームページから電子メールにより受付を開始することを予定しています。
 法務省においては,引き続き,国内への感染者の流入防止のための水際対策に万全を期しつつ,政府全体としての検討結果を踏まえて実施される国際的な人の往来再開等に関する措置に対して,適切に対応してまいります。
  

「立ち直り応援基金」に関する質疑について

【記者】
 8月から,日本更生保護協会が,立ち直りを支える更生保護ボランティアの活動を持続可能なものにしていくことを目的とした「立ち直り応援基金」を創設しました。基金への寄附を募るに当たり,広く国民の理解と協力が欠かせないと思いますが,法務省としてこの取組をどのように支えていくのか,お聞かせください。

【大臣】
 御指摘の「立ち直り応援基金」ですが,8月1日に,更生保護法人日本更生保護協会において創設されました。
 犯罪や非行をした人の立ち直りに関わる民間団体は,地域において重要な再犯防止活動を行っていただいておりますが,その財政基盤が脆弱であるために,活動がなかなか難しい場合もございます。そのため,こうした活動を将来にわたって持続可能なものとするための資金を,広く民間から集められるよう,本基金が立ち上げられたものと伺っております。
 本基金は,インターネット上でも寄附することができますので,できる限り多くの方々に立ち直りの支え手として加わっていただきたいと考えておりまして,法務省としても,日本更生保護協会と連携して,本基金の広報に努めてまいりたいと考えております。
 

安倍総理の辞意表明等に関する質疑について

【記者】
 安倍総理について,先週正式に辞任の意向を発表しましたが,改めて大臣の受け止めと,次期総裁選について様々な方の名前も挙がっていますが,次の総理大臣に期待することなど,大臣のお考えがありましたらお願いします。

【大臣】
 安倍総理は,国家,国民のために,7年8か月という長期にわたって,陣頭指揮をとってこられました。
 その中で,総理御自身の記者会見の中でもおっしゃっておりましたが,御自身の体調を考慮して,国政に混乱をきたさないため,熟慮の上に,時期も考慮して,決断をなされたと考えております。
 安倍総理御自身が会見で「志半ばで職を去ることは断腸の思いである」とおっしゃっておられましたが,私としても,総理の任期途中での辞任は大変残念であります。
 もっとも,これは体調を考慮されてのことでございますので,まずは治療に努めていただき,一日も早く御回復をされることを願っております。
 次期総裁選についてのお尋ねがございましたが,こちらについては,法務大臣としてのお答えは差し控えさせていただきたいと思います。
 

福岡県内で発生した事件に関する質疑について

【記者】
 先週金曜日に福岡の商業施設において,少年院を仮退院して更生保護施設にいた少年がそこを抜け出して女性を刺してしまったという事件があったのですが,この事件の受け止めと,再発防止策など,更生保護施設などに何か法務省としてお願いしたことなどがあればお願いいたします。

【大臣】
 報道については承知をしておりますが,法務大臣としては,個別の事件に関する事実関係についてのコメントは差し控えさせていただきたいと思います。

(以上)