本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成25年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成25年2月22日(金)

 本日の閣議では,法務省案件として,質問主意書に対する答弁書が一つありました。それから,閣議の後,安倍政権となってからは初めてとなります第二回法曹養成制度関係閣僚会議が開かれました。本日の関係閣僚会議では,法務省から,これまでの検討会議における検討の状況を報告した上で,法曹の養成に関する制度の在り方について,引き続き法曹養成制度検討会議において検討を行うということを確認しました。法曹養成制度について,関係各省一丸となって,早急にその改善に取り組まなければなりませんので,私から関係各省に最大限の協力をお願いしました。

法曹養成制度に関する質疑について

【記者】
 法曹養成制度の関係閣僚会議で,これまでの検討状況等の報告があり,更に議論を継続していくというお話だったのですが,大臣として特に注目している点や,更に深く検討を進めてほしいポイントはございますか。
【大臣】
 今回は,検討会議で論点を一巡したということと,それからこの検討会議は,民主党政権の下で始まったわけですけれども,政権交代があったので,ここで一度,今の状況をきちんと踏まえて議論を進めていこうということで閣僚会議を開きました。今日の会議では,いろいろな御意見が出まして,司法試験合格者の人数についての議論がありましたし,数の問題も含めて,議論を深めるようにという話もありました。私もそのとおりではないかと思います。
【記者】
 そもそも,政府の方針として3,000人の司法試験合格者を目標とするということが2000年代初頭にあり,現在の合格者は2,000人強というのが現状です。どれぐらいの人数が適当とお考えでしょうか。現状の2,000人というのが多いとお考えか,少ないとお考えかお聞かせください。
【大臣】
 そこについては,もう少し議論を整理していただかなくてはいけないと思っています。いろいろな議論があるところであり,今,検討をお願いしているところですので,私としてはあまり軽々にものを言うのは控えたいと思っています。
【記者】
 合格者数とは別に,合格率が低い地方の大学が,今,70以上あると言われています。それらの大学の今後の存続については,今日の議論では出たのでしょうか。
【大臣】
 今日の議論では出ておりません。

死刑執行に関する質疑について

【記者】
 昨日の死刑執行について,事件の御遺族の声や,抗議の声明というものが出ていますが,改めて今の御所感をお願いします。
【大臣】
 昨日申し上げたことに付け加えることは何もないというのが今の私の気持ちです。

危険運転致死傷罪等の法改正に関する質疑について

【記者】
 京都府亀岡市で起きた事故の判決が出ましたが,御遺族は,改めて危険運転致死傷罪の適用や要件の緩和を求めています。今回の判決を受けて,法制審議会の要綱案も,再度注目されたところですが,専門家の方からは,厳罰化の加速は,遺族感情に流され過ぎであるという指摘が絶えません。大臣は,法律家の一人として,危険な自動車運転事故と少年法の厳罰化の流れについて,どのようにお考えでしょうか。
【大臣】
 自動車運転に係る死傷事犯に対する罰則整備と少年法の改正を,一括りで厳罰化と捉えるのはいかがなものかと思います。亀岡市の交通事件をきっかけとして,道路交通法が少し甘過ぎるのではないかという声があったことも事実です。今,法制審議会で,悪質・危険な運転行為による死傷事犯の実態に即して,もう少し要件の幅を拡げたり,中間的な犯罪類型を作っていこうということで,この間,要綱案をまとめていただいて,これから更に細部まで議論を尽くしていただくところです。また,少年法の改正については,現在の少年法における不定期刑の上限が,5年以上10年以下ですが,少年の人格には可塑性というか,柔軟なところがあるわけですから,あまりリジットにしてしまうと,きちんとした運用ができないということから,裁判所の裁量権を拡げようということです。これらを厳罰化ということで一括りにしてしまうわけにはいけないのではないかと思います。それぞれの制度の持っている目的や,果たすべき機能に着目して,法制審議会等で議論を進めていただかなければならないと思っています。
【記者】
 京都府亀岡市の事故の御遺族の方は,無免許運転ということが根本的な原因の一つであろうという御主張をされているということです。今,法制審議会で,要綱案が議論されている中で,無免許運転を危険運転に含むことの難しさや,無免許運転に関して罪を新しく作ることについて,罰則のバランス感覚に対しては,大臣はどのようにお考えになっていますか。
【大臣】
 極めて物足りない答えと思われるかもしれませんが,今,要綱案ができて,これを実際に法制審議会として,更に整理していこうというときですから,あまり細かに私の考えを申し上げるのは差し控えたいと思います。いろいろとよく議論をしていただきたいと思います。

強制起訴制度に関する質疑について

【記者】
 兵庫県明石市の歩道橋事故の免訴判決についてですが,今回の強制起訴判決では,指定弁護士に過度な負担が掛かることや,捜査当局の判断と市民感覚との間にある溝が,改めて浮かび上がったと考えられます。制度見直しを求める声もありますが,今回の判決を通じて,強制起訴制度について,制度見直しの可否などをお考えがあればお聞かせください。
【大臣】
 判決の中身そのものについては,個別の判決ですから,私からコメントすることは差し控えたいと思いますが,今の御質問は,そもそも強制起訴制度の見直しを考えているかという御質問ですね。私も就任以来,何度かこの強制起訴制度については申し上げてきましたが,まだ,できてから運用実績がそれほどあるわけではありません。長い期間経つと,その運用の仕方もいろいろと洗練されて,不足のところが出てくることがあるかもしれませんが,もう少し見ないと,正直なところ論評はし難いと思っています。

民法の改正に関する質疑について

【記者】
 民法の改正について,法制審議会の債権法部会で来週にも中間試案が出る方向も見えてきました。債権法の中で,具体的には約款の規定,法定利率,個人保証など,いくつか柱があると思うのですが,弁護士経験のある大臣個人としては,特にどの項目に注目しているかお聞かせ願います。
【大臣】
 非常にたくさんの論点がありまして,私も全部把握しているとは申し上げにくいぐらいたくさんあります。ただ,どこに注目しているかと言われても,非常に難しいです。論点も非常に多岐にわたりますし,どこに特に着目しているかと言われると,答えに困りますね。

その他の質疑について

【記者】
 法務大臣としてというよりは,閣僚としてお答えいただく形になりますが,森元首相とプーチン大統領がロシアで会談をされました。プーチン大統領の方から,両国に平和条約がない状態は異常だという発言がありました。両国の関係の改善について言及があった一方で,北方四島について,「引き分け」ということについて,「双方が受け入れ可能な解決手段」であると説明し,暗に日本側に北方四島の領土問題について,譲歩を迫るような発言もありましたが,森元首相とプーチン大統領の会談についての受け止めをお願いします。
【大臣】
 プーチン大統領がおっしゃるように,平和条約がない状態は確かに異常であると私も思います。ですから,どうにか平和条約をきちんと締結できるように,いろいろな可能性を探っていこうとしなければならないと思います。ただ,領土の問題がそう簡単に整理できるかどうかについて,私は外交当局ではありませんので,コメントするのは差し控えますが,論議を尽くしていかなくてはいけないと思います。
(以上)
ページトップへ