本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成25年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成25年3月12日(火)

 本日は閣議がございまして,法務省の関連としては,登記事項証明書の交付手数料を下げるという政令を決めていただきました。

府中刑務所の刑務官が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたことに関する質疑について

【記者】
 先週,府中刑務所の刑務官が,覚醒剤所持の容疑で逮捕されました。受刑者に覚醒剤を渡していた疑いがあり,法務省も重大な不祥事と認識されていると思いますが,大臣の受け止めと再発防止にどう取り組んでいくかお聞かせください。
【大臣】
 これが事実であるならば極めて重大な問題です。こういった不祥事が起きたことは誠に遺憾と申し上げざるを得ないと思います。今は,捜査の過程ですから,私から矯正局に,直ちに捜査に全面的に協力するようにということと,全国の刑事施設における緊急点検の実施を指示しました。大変残念なことです。
【記者】
 緊急点検をする必要があるとのことですが,点検について大臣から具体的にどういうことを指示されたのでしょうか。
【大臣】
 三つほど指示をしまして,一つ目は,被収容者の居室や所持物品等の点検をきちんとするということ。二つ目は,職員についても所持品の検査を考えなければならないという指示をしました。三つ目は,処遇上注意を要する被収容者がいるので,そういった人を対象に,特に処遇状況の点検をきちんとするということを指示しました。

今後のエネルギー政策に関する質疑について

【記者】
 法務行政とは関係がないのですが,閣僚の一人,政治家の一人としてお聞きしたいのですけれども,昨日は,原発事故から丸2年でもありました。日本は今後,どのようなエネルギー政策を講じていくべきかお考えをお聞かせください。
【大臣】
 昨日,国立劇場で東日本大震災の追悼の式典が行われました。御遺族代表3名のお言葉などを聞いておりますと,本当に,亡くなった方に心から御冥福をお祈りするとともに,更に復興に力を入れなければならないという気持ちを新たにしました。今お尋ねのエネルギー政策についてですが,私は直接の所管ではありませんので,あまり軽々に申し上げるつもりはありませんが,私が自民党の総裁であったときにも,党内でもずっと議論を続けていました。我が国の存立にとって,エネルギーがどうあるかということは一番基本的な問題ですから,我が国の生存に必要なエネルギーを安定的に確保できる道を講じなければならないことは,言うまでもありません。ただ,あれだけ過酷な事故を起こしているわけですから,今,原子力規制委員会というものがスタートして,安全の点検,安全の確認を徹底的に行わなければならないということが一番の基本であろうと思います。それから,今の安倍政権としても,10年掛けて電源構成のベストミックスを選んでいくとしています。短い時間でなかなか結論を出すのは簡単ではないと思っています。あらゆる科学的な知見等を通じて,再生可能エネルギーのほか,可能性を探っていかなければなりません。こちらの方も徹底的にやっていく必要があろうかと思います。
(以上)
ページトップへ