本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成26年 記者会見要旨 > 法務大臣臨時記者会見の概要

法務大臣臨時記者会見の概要

平成26年10月20日(月)

 本日,法務大臣の職を辞することといたしました。我が国の基本法制,法秩序の維持をつかさどる法務大臣の立場にありながら,このところの私の言動によって国政に遅滞をもたらし,国民の皆様に御迷惑をお掛けする事態を招き,大変申し訳ないと考えております。
 安倍総理に抜てきしていただき,法務大臣という重職に就任した身として,経済再生を始めとする山積する課題に取り組んでいる安倍内閣の足を引っ張ることはできない,そう考えました。これからは一議員として安倍政権を支えたいと思っております。
 今回,地元の支援者の皆様のせっかくの御期待に添えなかったことにつきましては,誠に残念であります。
 在任期間は2か月足らずでしたが,かねての持論でありました強姦罪の法定刑が強盗罪より軽い,強姦致死傷罪が強盗致傷罪より軽いことの問題を就任直後に提起したのに対し,省内の対応も素早く,有識者による性犯罪の罰則に関する検討会が発足しており,今後に期待したいと思っております。短い間でしたが,自分で考えてきたことを一つですが進めることができました。

【記者】
 就任後1か月半での辞任となりましたが,率直な御感想を頂けますでしょうか。

【大臣】
 私自身としては,本当に伝統のある,重い,重要な法務省という役所の大臣になって,これまでの自分の考えからも,これをやりたい,あれをやりたい,国民に法律を近づけたい,いろいろな思いを抱いておりましたので,図らずもこういう形で退任することは残念だと考えております。

【記者】
 うちわの問題についてなのですけれども,大臣はあのうちわについて,討議資料であるというような表現をされました。
 また,あのうちわについて,有価物ではないというようなこともおっしゃっていたかと思うのですが,辞表を提出されたということで,その認識については変わったということでよろしいでしょうか。

【大臣】
 いいえ,全く変わっておりません。私自身,法に触れることをしたとは考えておりませんが,とにかく私の問題で国政を停滞させてはならない,その思いで法務大臣を辞職することにいたしました。

【記者】
 今の質問とちょっと重なるのですけれども,国会で追及されました問題なのですが,配られたのは,改めて確認ですが,あれはうちわですよね。

【大臣】
 国会でも申し上げました。1年間に成立した主な法律について,国民のというか,私の地元の方々に,いろいろな年代の男女の方々に知っていただきたいと一生懸命記しました。反対側には私の名前も入っています。確かに,形の上でうちわかと言われれば,持つところもありますし,うちわの形はしていると思います。
 ただ,財産上の有価物かという問題については,うちわというのは,一般に信用金庫や商店街の名前が書いてあって,イベントで配ってそのまま捨てられる,そんな類いのものだと思いますし,そういう問題になる寄附行為だとは思っていません。

【記者】
 ただ,そういう中で,今回辞任という道を選んだということは,やはり民主党からも刑事告発されておりますし,ひょっとしたら法に触れるのではないかという思いがあっての辞任なのではないでしょうか。

【大臣】
 違います。刑事告発そのものの問題というよりは,民主党も含め,野党の中に,この問題など,私の問題だけではないかもしれませんが,こういう閣僚を抱えた中では国会の審議ができないとか,あるいは重要な法案も審議しないとか,そのような動きが出ております。もちろん,法務委員会でも出ております。それが,正に申し上げました,国政に停滞をもたらすことであり,そういうことがあってはならないと思って。私がやったことは法に触れるとは思っておりません。

【記者】
 もう一点確認なのですが,配られたものがうちわではないとしてですね,配られたもの以外にひょっとしたら有価物と取られかねないようなものを配布したことはなかったでしょうか。

【大臣】
 ありません。

【記者】
 一部にカレンダーが配られたのではないかという話も出ていますが,そこはいかがですか。

【大臣】
 カレンダーというのは室内用ポスターですよね。政治の世界で室内用ポスターという,外に貼って見せたらいけないけれども,応援している人が自分の家の中とか会社の中とかで,これも財産上の価値,1枚紙のぺらっとしたのに,名前や私の説明,写真などを載せているのが中心で,財産上の価値というのは,値段から見てもそういうものではないと思っております。

【記者】
 ただ,それはカレンダーとしての機能は有しているものなんですか。

【大臣】
 12か月分の日にちとかは書いてあります。もちろん曜日も書いてあります。

【記者】
 そうすると,やっぱり有価物になってしまうのではないでしょうか。

【大臣】
 財産上の有価物というものをどれくらいからいうのか,ちょっとそれは分かりませんが,私はそういう認識は持っていないから,法律違反になると思っていないから,自分の親しい人の会合で,後援会その他の会合で配ったということです。

【記者】
 松島さんの先週までの国会答弁を聞くと,今日の辞任というのは非常に唐突な感じを持つのですけれども,いつの時点で,御自身で辞任の判断をされたのですか。それとも,小渕さんの辞任と一緒になったのは何か理由があるのですか。

【大臣】
 確かに先週は,続投してしっかりと法務大臣の仕事を務めてまいると申し上げましたが,この土曜日,日曜日と,諸般の情勢を踏まえて,大臣辞任を決断するに至ったということでございます。

【記者】
 それは御自身の判断でしょうか。いろいろ周りから助言とか,小渕さんと合わせた方がいいよとか,そういうことはあったのですか。

【大臣】
 いいえ,新聞でそういうことが書かれている記事を見ましたけれども,私自身が,国会が遅滞なく,国政が遅滞なく進むためには今のタイミングだと考えました。土日に熟考を重ねました。

【記者】
 今回,女性の活躍をうたっての改造内閣でしたが,お二人が辞任されたということで,今後の政権の求心力とか政権運営への影響が大きいと言われております。このことについて,御本人としてはどう思われているのでしょうか。

【大臣】
 たまたま私も女性ですし,小渕大臣も女性です。ただ,私の言動が問題になったというのは,私が女であっても男であっても関係ないことだったと思いますので,それは当たらないのではないかと思います。そして,私としては,やはりとにかく安倍内閣にしっかりと仕事をしてもらいたい。それに支障が出ること,足を引っ張ることは決してしてはいけない。安倍内閣のやらなくてはいけない全国津々浦々の経済再生,全国の中小企業も小規模事業も景気が良くなったと感じてもらえる,そんな日本を,アベノミクスを作っていく。そのためには,今,国政を停滞させるわけにはいかない,そのように考えております。

【記者】
 今回の辞任の判断や辞任の挨拶など,総理や官房長官とは何かお話はされたのですか。もしお話されたとすれば,どのようなお話をされたのでしょうか。

【大臣】
 辞任の挨拶というのは,私は常に自分の言葉で話すように考えておりますので,間違ってはいけないから一応原稿を書きました。自分で書いたものです。

【記者】
 今回,うちわをめぐる言動で辞任に至ったと思うのですが,あえて小渕さんのケースに比べると額も少なく,ここで辞任するという判断というのは,やり取りをどういうふうに思われていたかということと,立て続けに辞任することで閣僚の辞任ドミノにつながりかねないのではないかという指摘もあるのですが,御自身の辞任がそういう意味で影響を与えると思うのですけれども。

【大臣】
 二つ目の御質問につきましては,私の辞任がドミノとか,そういうことではなくて,私の辞任は,先ほど言いましたような,安倍内閣が日本中に経済再生を実感してもらう,その政策に取り組んでいる,私もそう思ってこの2年半,国会議員としていろいろな立場で仕事をしてきましたが,それを実現するためであって,それがマイナスになるとは全く考えておりません。
 なお,小渕大臣との比較をされましたけれども,それは,それはそれです。小渕大臣の問題について中身をよく存じているわけでもございませんし,それはそれ,私は私で,全然別個の問題でございます。
 
【記者】
 うちわの話に戻って恐縮ですが,うちわ,いわゆるうちわを発注した業者に対して,納品書であるとか請求書ではうちわと書いてあるというような話もあるのですが,改めて,もとをただしていく上で,うちわなのかお聞かせください。

【大臣】
 私も見ました。納品書などは,その会社の人から見ると,商標というか,ブランド名も何か書いてあったみたいですけど,品質とか書いてあって,それは会社としてはうちわの範疇におけるのだと思います。私が申したり,私のというか,領収書なりその他というのは,これは討議資料を印刷したものですから,それは食い違っているというのはおかしいことではないと思います。

【記者】
 もう一点,告発が出ている関係で,情報として特捜部が受理をしたという話もございます。特捜部が受理したということの受け止めと,今後,法務大臣経験者として捜査にどういうふうに協力するのか,その辺をお願いします。

【大臣】
 私もそれほど特捜部について詳しいわけではございませんけれども,告発というものはたくさんあって,受理というのもたくさんあって,その中からそれがどういうものかの捜査,点検がなされていくのだと思います。
 おっしゃられた点に関しましては,協力するのかと言われたらもちろん,必要なもの,既に国会の委員会の方にも,いろいろな収支報告書ですとか,おっしゃったとおりの請求書,領収書とかを出していますから,もちろん同じものを出すだけで,私は別にこれから特に詳しく調べてみないと分からないような複雑な問題は抱えておりませんので,それをするだけです。

【記者】
 今までの質問と関連で恐縮なのですけれども,改めて,先週の時点では大臣を続投されるとおっしゃっていました。改めて,御自身で辞任を判断なさったタイミングと,土日はどういう考え方をされたかについてお願いします。
 また,官邸側にいつおっしゃったかということ,告発状が受理されたことと御自身の判断との関係,それと,総理と会われたと思うのですけれどもどういったことを話されたかについてお願いします。
 
【大臣】
 まず,辞任を決めたことと告発状の受理とは直接関係ございません。国会審議とか国政が停滞するかどうか,それが大事なポイントでございます。
 それと,総理から言われたのは,心機一転,新しい気持ちで能力を生かしてほしいと,そのような表現をされました。
 考えたことは,その週末の金曜日の夜の時点から何が変わったかというと,いろいろ考えました。でも,結論は,結局,この安倍内閣の国政を1日も停滞させたくない,それにはどうすればいいのか,いろいろな考えがあるだろうけれども,私が続けるよりは辞めたほうが,私のことを評価し,抜てきして,こういう重任に就けてくださった安倍総理を支えるという形が,閣内で支えるのではなくて,辞めて,身を引いて,一議員として支える方法があるような,そう思いました。
      
【記者】
 うちわの件で,法律違反ではないという認識だというお話でした。国会では,法務大臣という立場で法律を都合良く解釈しているのではないかというような意見もあって,大臣としての資質みたいなことを指摘する御意見もありましたけれども,御自身ではそういう指摘についてはどのようにお受け止めになられたでしょうか。
 
【大臣】
 それは当たらないと思っております。そして,例えば,告発されたらその後どうなると思うか,というような質問がありましたから,それに対しては,法務大臣ですから個別具体的に影響を与えるようなことは言うことができませんと申し上げました。
 現在は法務大臣ではありませんので,私の,政治家松島みどりとして申し上げますと,法に触れることはしていないと考えていると言い切っている次第です。
     
【記者】
 大臣の資質に対する指摘というか,そういった面ではどのような御感想を持たれているのかお聞かせください。

【大臣】
 法務大臣としての資質。私は,法務大臣に適格であると安倍総理に考えていただいて,この重責に就かせていただき,そして,自分では資質があると考えて法務行政に当たってまいりました。

【記者】
 性犯罪の検討会が近く始まるわけですけれども,この1か月半で退任されるということで,やり残したことですとか,後悔といいますか,思うところがありましたらお聞かせください。
 
【大臣】
 今おっしゃった件に関しましては,性犯罪の罰則に関する検討会として最初の会合が10月末に予定されています。有識者や関係者等で,ある程度の期間で結論を出してもらって,それがさらに法律の改正につながればいいと思っておりましたので,これについてはある程度満足しているわけです。
 それ以外のことにつきましては,来年,せっかく民法改正,債権法の120年ぶりの改正,これも法案の中身を詰める時期でしたから,私も一緒に議論したいと思いましたが,それがかなわなかったのは残念です。ただ,与党の議員として,そうやって法務の重要な案件について関係すること,そしてまた,入管の職員を増やさなければいけない,さらに,再犯防止のために矯正と保護が一体とならなければいけない,どうしていくかという思いはいろいろありますけれども,それも与党の議員としていろいろな党内の部会その他で発言してバックアップをしてまいりたいと思います。大臣ではなくても国会議員としてやれることはたくさんあると思っております。
 
【記者】
 二点,お願いします。
 まず,一点目,またうちわのお話に戻って恐縮なのですが,今,大臣は財産的価値はないとか法に触れるようなことではないというふうに答えておられましたけれども,大臣が国会に提出された資料では大体2万1980本で約174万円が支払われたということだったので,1本当たり80円ぐらいだと思います。大臣は討議資料だという認識だったというお話がありましたけれども,財産的価値があるかないかということについて,大臣はどうお考えになり,何を基準に判断されるとお考えでしょうか。80円だと財産的価値がないけれども150円だと財産的価値がある,その辺りはどうお考えになり,法に触れるとの認識はないとのお考えになったのかをお聞かせください。
     
【大臣】
 財産価値の問題ですけれども,法律の厳密な条文の意味は分かりませんが,それが,例えば売買の対象になるとか,あるいは,それによって投票活動の有無,何十円のものをもらったからこの人に投票するとか,そういう選択肢を,そういうことをね,こういう中身のことを書いてある人だから良いと思って投票してくれるなら良いけれども,うちわというあおぐものをくれた人だから投票すると,そういう価値判断になるようなものではないと。財産的価値というのは,私はそのような解釈をしております。

【記者】
 つまり,公選法上の寄附に当たるかというのは,投票行動に影響を与えるかどうか,そういう価値を持つかどうかということだと大臣はお考えである。

【大臣】
 ただ,それは私の考え方であって,法律上,法律について,ましてや告発されているようですから,その判断をする方はどういう根拠かはちょっと分かりません。

【記者】
 さらに言うと,またその後の話になると思うんですけれども,これは財産的価値があるものだという判断をすることもあり得ると思うのですけれども,そういう場合に,大臣,それに対しては受け入れられるのか,それともこれは価値がないというふうに争われることになるのか,その辺りは今どうお考えですか。
 
【大臣】
 もう大臣ではありませんけれども,それもこれからの,それはちょっと分かりません。分かりませんというか,捜査のときに私が,捜査をされるとしたらどういうふうに答えるかというのはちょっと今分かりませんし。

【記者】
 先ほど,この土日にいろいろ熟考されたというお話がありましたし,政権にどういう影響があるかというお話もありました。このうちわの問題が出てからもう10日以上たっています。週末もありました。そういう意味では,国会の議論というのも,一通りこのうちわに関してはある程度出たのではないかというタイミングとも考えられるのですけれども,今後更にこの問題が国会の審議に影響を与えるというふうに判断をされたのは,どういうところからそう考えられたのですか。
      
【大臣】
 法務委員会を始めとして,各委員会,各法律の審議はこれからです。今おっしゃったように,ちょっと山場を越えたという意味かもしれませんけれども,予算委員会では一般質疑でありましたし,法務委員会も大臣の所信に対する一般質疑でありましたから,いよいよ数々ある法律,法務も各ほかの委員会もやっていくのはこれからだと思っております。
 
【記者】
 そういう中で,つまり本当の法律とか,法案の関係でやりとりするに当たっては,要するにこのうちわの問題がどうこうという,つまりそれが影響を与えるというふうにお考えになったということでよろしいでしょうか。
 
【大臣】
 いいえ,直接うちわの問題ということではございません。直接それだけではなくて,いろいろな総合的判断の中でございます。
 
【記者】
 確認をしたいのですけれども,どういうものが財産的価値があるものかという質問に対して,売買の対象になるだとか,投票に当たっての価値判断になるものというふうに二つおっしゃいましたけれども,それでよろしいでしょうか。

【大臣】
 今思い付くことはそういったことです,ほかにもあるのかもしれませんが。

【記者】
 売買の対象になるというのをおっしゃいましたけれども,国会でも話題になっていましたが,ネット上で売買の対象になっているようですけれども,それについてはどのようにお考えになりますか。

【大臣】
 それは,このような派手な展開になったから,ネット上でそういうことのようですけれども,夏にお渡しした時点でもうかったという顔をしている人はというか,何か随分高価なものをもらったというような雰囲気の方はどなたもいらっしゃいませんでした。

【記者】
 先週末に刑事告発されて受理されたということで,自ら所管する組織である東京地検の捜査対象に法務大臣がなってしまったという異例の事態なのですが,それがこのタイミングでの辞任の要因になったと思うのですけれども,それはいかがでしょう。
 
【大臣】
 提出は昨週ですが,受理されたのは今週になってからではないのですか,確か。今日になってからだというような話をどこかで聞きましたけれども,私が辞任を心で決めたのは日曜日ですから,そうではないです。

【記者】
 今回,新任で選ばれた女性の大臣が相次いで辞任されるということでよろしいかと思うのですが,女性が輝く社会の実現に向けての安倍政権の大きな柱の一人だと思います。女性を大臣に登用すること,もしくは女性を社会に登用することにとって,御自身の,もしくは女性大臣が辞任したことがどういう影響を与えるとお考えでしょうか。
 
【大臣】
 私自身,安倍政権の女性の活用ということについては,本当に日々感無量でおります。
 私が何十年も前に大学を卒業したときは,経済学部の女子学生など採用してくれる会社はほとんどありませんでしたから。入社案内のパンフレットも,男子のところは3メートル来たけれども,女子は1冊も来なかった。そういった中で,安倍総理が企業に向けても,政府においても,そして政治の世界でも,こうやって女性を活用しようと思ってくれたこと,そして,その一環として私も法務大臣という重要な職に就いたことは,それはその一連の流れとしてすばらしいと思っております。ただ,この女性を活用しようということは,どの会社においても,どの政府,どの組織においても,そのうちの一人が,ちょっと失敗だったというか,私自身は再生可能な失敗だと思っておりますけれども,何かの小さな失敗で,部長になった女性が部長を一遍外れても,その人に続く人が有能ならばきちんと職に就けると思うし,そしてまた,その女性自身も,安倍内閣が掲げるように再チャレンジ,再チャレンジ,部長で失敗した女性も,一遍外されてもまた頑張ればポジションを得られる,そういうものだと思っております。
     
【記者】
 今後の女性活用にとってマイナスだと思いますか。

【大臣】
 だから,思いません。もし万一,これでマイナスというか,だから会社を辞めようと思う方がいらっしゃるとしたら,絶対にそんな考えは持たないでいただきたい。そう思っております。

【記者】
 松島さんといえば,服が赤いイメージが非常に強いのですが,今日は官邸に行かれたときも白い服装でした。そういう点からすると,全く潔白であるという,何か思いが込められているのかなと。今日,その白い服を着られている理由をちょっとお願いしたいです。

【大臣】
 法務大臣になってからは余り赤い服を着ないで,少し落ちついた色の服をと心がけておりました。今日は確かに,人間,特に女性が朝何を着ようかと考えたときには,何か自分でも思うところがありますから,白を着たというのは,本当に同じような気持ちを持っていたんだと,よく理解していただいたと。そんな,法制法上云々というよりは,新しい真っさらな気持ちで,また今日から歩み出そうと,そういう気持ちです。

【記者】
 今日という日が小渕さんと同じ日になってしまいました。1日に二人の大臣が辞職の会見をするというのは前代未聞でもあると思います。同じ日になってしまったということについての御感想と,それからもう一点,うがった見方をしてしまいますと,ひょっとしたら,幕引きを図るのは早い方が良い,1日で片付けた方が良いというような思いはどこかにありましたでしょうか。つまり,小渕さんの件と同じ日に重ねてやってしまった方が,こうした野党からの追及も早く終わるのではないかというような思いはなかったでしょうか。

【大臣】
 月曜日ですからね,ちょうど週の始まりの日でもありますし。もちろん野党の行動もマスコミ報道各社の報道ぶりも見ながら,やはり切りの良いところがここかなと,そう思いました。
 
【記者】
 そうすると,あえて同じ日を選ばれたということですか。

【大臣】
 同じ日を選んだというよりは,この10月20日の月曜日を選んだということです。結果的に同じ日になったのかもしれませんけれども,別に連絡を取り合ったわけでも何もありませんから。

【記者】
 お二人の大臣が1日で辞めてしまうという事態になってしまったことについてはどうお考えになっていますか。

【大臣】
 それは皆さんに判断していただいたほうが良い,私が言うことではないと思います。

【記者】
 昨日は党の関係者と何か連絡を取られましたでしょうか。昨日辞任を決めたというふうにおっしゃいましたけれども,どなたかと話されましたでしょうか。

【大臣】
 官邸とか,党の先輩とか,いろいろな先輩方とお話はしました。けれども,決めたのは私です。

【記者】
 先ほど官邸に行かれたかと思うのですけれども,総理に対してどのように説明されて,総理からはどのように言われたのでしょうか。
 
【大臣】
 私が申し上げましたのは,せっかく抜てきして法務大臣に就けていただきましたのに,いろいろなことで安倍内閣の政治を停滞させかねない事態になって申しわけありませんと,辞職したいと思いますと。総理からは,先ほども申し上げましたが,総理から,心機一転,これからも頑張っていろんな場面で能力を発揮してくれと,そう言われました。

(以上)
ページトップへ