本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成27年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成27年1月6日(火)

 皆様,新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 本日,初閣議がございましたが,法務省案件はございませんでした。

今年の抱負に関する質疑について

【記者】
 新しい年を迎えて一回目の会見ということで,上川大臣の今年一年の抱負を教えていただけますでしょうか。
 また,法務大臣として初めて年末年始を迎えたということで,何かこれまでと異なる点がありましたら併せてお聞かせください。

【大臣】
 改めまして,新年明けましておめでとうございます。
 私は,昨年の12月24日に第三次安倍内閣の法務大臣として再任をされるということになりました。振り返ってみますと,その前の私の就任ということでありますけれども,国会の途中段階での登板ということで,現場の声を伺った上でしっかりと対応していきたいと思っておりましたけれども,そうした機会を思うように作ることができないまま年を越えたということでございます。今回再任されたということで,法務大臣として,「世界一安全・安心の日本」であることを支える大変大事な省庁として,法務省の役割は極めて大きいと思っておりますので,本腰を据えてじっくりと取り組んでまいる決意を新たにした次第です。
 今年のスタートに当たりましては,もう一度,法務省の置かれている立場,あるいは役割を絶えず念頭に置きながら,できる限り現場に足を運ばせていただいて,現場の声を真摯に頂戴していきたいと思っております。その上で,今年は,安倍政権にとりましても正念場の改革を推進していく,前進させていく,さらに,全国津々浦々の皆様に様々な恩恵が及ぶようにということで,大変大きな使命がございますので,そのことをしっかりと踏まえて,法務省として風通しの良い,また国民の皆様から全面的な信頼と御協力を頂くことができるよう,副大臣,そして大臣政務官と共に力を合わせて,また職員の皆さんと総力を挙げて取り組んでまいりたいと思っております。
 年末から年始にかけましては,慌ただしい状況でございました。特に,12月には解散総選挙がありましたので,予算の編成ですとか税制大綱につきましても,ぎりぎりまでの与党内での折衝等がありましたし,またそれを受けて,政府としても,しっかりと来年度予算も含めて対応する大変大事な時期を年末年始にかけて動いてきたところでございます。そういう意味では,業務が中断することなく,切れ目なく動いてきたということでありまして,大変緊張感のあるお正月であったというのが,昨年とは違う点でございました。国民の皆様の生活にとりましては,切れ目ない安全・安心の環境づくりということについて,これは中断することができませんので,本当に緊張感を持って,毎日毎日しっかりと取り組んでいきたいと改めて決意しているところでございます。

女性の活躍推進に関する質疑について

【記者】
 上川大臣は,昨年10月に着任されて間もなく,省内に「女性職員活躍及びワークライフバランス推進検討会議」を立ち上げられましたが,この取組のその後の進捗と,今後の取りまとめに向けた具体的なタイムスケジュールなどについて,現時点でどのように考えておられるのかお聞かせください。

【大臣】
 この「女性活躍推進」という,安倍政権の中での大きな二本柱の一つになっている施策につきましては,法務省におきましても組織を立ち上げて直ちに取り組んでいただいたところです。
 この推進検討会議におきましては,昨年11月から12月までに法務本省内,それから地方官署の職員約100名から,職場が抱える課題や問題を把握するためのヒアリングを実施してきたところです。
 また,この推進検討会議における検討状況につきましては,法務省内LANの掲示板に掲示するなどして,一人一人の職員がそれに触れることができるようにするなど,そういう意味では法務省を挙げて取り組んでいくという姿勢をしっかりと打ち出しながら参加をしていただいていると思っています。
 特に,法務省の業務の特徴として,例えば刑務所の職員につきましては,交替制の勤務というところに大変大きな特徴がございます。そのような特殊性を踏まえ,課題や問題を丁寧に調査して,更に理解を深めてまいりたいと思っているところです。私自身,できるだけ早い段階で現場に赴き,また,直接職員の皆さんとお話をしながら,具体的な課題等をヒアリングさせていただきたいと思っています。
 現在,ワーキングチーム等におきまして,明らかになった法務省特有の課題等の整理をしているところです。今月末までには,この会議におきまして,可能な限り実効性のある,具体的できめ細やかな対策について,第一弾の取組として取りまとめたいと思っておりまして,私もその計画づくりに積極的に参加をしてまいりたいと思っています。

(以上)
ページトップへ