本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成28年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成28年1月15日(金)

 今朝の閣議において,法務省案件はありませんでした。

ヘイトスピーチに関する質疑について

【記者】
 ヘイトスピーチの抑止策について規定する全国初の条例案が大阪市で成立する見通しになっていますけれども,法務大臣の御所感と,法務省としての取組状況についてお話しいただけますでしょうか。

【大臣】
 地方議会に提出された条例案について,私の立場でお答えすることは差し控えさせていただきます。
 現在,前にもお話ししましたが,ヘイトスピーチについては,実態調査を行っています。
 まず,客観的現象面の調査として,ヘイトスピーチが行われているとの指摘があるデモ等の発生状況や,これらのデモ等における具体的な発言内容等に関する情報を収集しています。また,既に収集した情報について,外部の専門家による会議体に提供し,現在,分析,評価を進めていただいています。
 さらに,主観的影響面の調査として,全国の複数の地域において,ヘイトスピーチの対象とされた方々やその他の関係者から聞き取り調査を行うための準備を進めています。これらの調査については,今年度末をめどに公表する予定です。

【記者】
 関連して,調査を行って,調査結果を出す。その先の見通しというのはどのようなことを考えていらっしゃいますか。

【大臣】
 今般の調査は,今後の人権擁護施策をより一層,充実させていくための基礎資料として参考にし,検討のために使わせていただきたいと思っています。
(以上)
ページトップへ