本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成28年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成28年1月22日(金)

 今朝の閣議では,法務省案件はありませんでした。

甘利大臣に係る週刊誌報道に関する質疑について

【記者】
 甘利明経済再生担当大臣をめぐる政治と金の報道が一部週刊誌でありました。
 安部政権においては,最近も小渕元経済産業大臣や高木復興大臣などをめぐる政治資金の問題が発覚しています。今回,報道によると,甘利大臣自らが現金の授受に関係したともされており,国民の不信を招く事態となっています。
 同じ閣僚の一人として,また政治家として,今回の問題をどのようにお考えでしょうか。また,政治家の秘書の監督責任について,どのようにお考えでしょうか。
 そして,大臣御自身についても,政治資金の在り方についてどのように自らを律しているか教えてください。

【大臣】
 甘利大臣の問題に関する件ですが,昨日の決算委員会で甘利大臣も述べていましたように,御本人が説明されるべき事柄であり,私として,所感を述べることは差し控えさせていただきます。
 そして,私自身の政治資金の在り方についての考えですが,政治資金規正法にも規定されているとおり,政治資金は,「民主政治の健全な発達を希求して拠出される国民の浄財」であり,その収受や公開に当たっては,国民の皆様から,政治活動の公明・公正性に疑いを抱かれることのないよう,法令を遵守して,適切に対処するよう努めているところです。

【記者】
 今,こういった問題が浮上したということで,今後の国会運営や論戦などに影響を与えると思いますでしょうか。所感をお願いします。

【大臣】
 甘利大臣が説明を十二分にされ,そのことによって御理解をいただくということであれば,そうした懸念はないかと考えています。

【記者】
 逆に御理解いただけないという場合もあるかと思いますし,進退という問題も浮上しているのですが,その件についていかがでしょうか。

【大臣】
 その点について,私から御説明申し上げることは控えさせていただきます。
(以上)
ページトップへ