本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成28年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成28年3月25日(金)

 今朝の閣議では,法務省案件として政令を一件決定しました。

協力雇用主への感謝状贈呈式に関する質疑について

【記者】
 昨日,協力雇用主への感謝状贈呈式がありました。今年度に入って以降,実際に刑務所出所者らを雇用している協力雇用主の増加ペースが加速しています。その理由についてと,今後更に取り組むべき課題などがあれば,併せてお聞かせください。

【大臣】
 刑務所出所者等の就労を確保するためには,その事情を理解した上で雇用してくださる協力雇用主の確保が極めて重要です。
 そこで,長年刑務所出所者等を積極的に雇用され,立ち直りを支援してくださってきた協力雇用主の御労苦に報いるために,今般,表彰制度を創設し,昨日第一回の贈呈式を行いました。
 法務省は,本年度から,刑務所出所者等を実際に雇用し,かつ,就労継続に向けた指導等に当たる協力雇用主に対して,年間で最大72万円の奨励金を支給する制度を開始しました。その効果もあり,現在まで例年を上回るペースで雇用が増加したものと認識しています。
 今後の課題ですが,奨励金支給制度に加え,協力雇用主の不安や負担を軽減するため,保護観察官や保護司が実際に協力雇用主を訪ねるなどして相談・助言を行うなどきめ細かな支援も行っています。
 協力雇用主の下での刑務所出所者等の雇用を更に拡大していくために,こうしたきめ細かな支援を含め,協力雇用主に対する支援の一層の充実強化に努めてまいりたいと思います。

ベルギーでのテロに関する質疑について

【記者】
 先日,ベルギーでテロがあったところですが,水際対策の充実について,改めて大臣の御所感をお願いします。

【大臣】
 ベルギーで本当に痛ましい事件がありました。残念なことだと思っています。水際対策の重要性については,皆様も認識されているとおりでありますけれども,今回も,公安調査局,公安調査事務所に対し,関連情報の収集,また全国の地方入国管理官署に対して,厳格な上陸審査の徹底を改めて指示しました。
 今後も,入国審査体制の強化及び一層の情報活用を進め,テロを未然に防止するための水際対策に全力を尽くしてまいりたいと考えています。

共産党に関する質疑について

【記者】
 先日閣議決定された共産党に関する答弁書について,共産党幹部から「不当な侵害であり,撤回を求めたい。」などという抗議の声が上がっていますけれども,受け止めをお願いします。

【大臣】
 答弁書については,公安調査庁長官の国会答弁を引用しているところであり,詳細については公安調査庁にお問い合わせいただきたいと思います。
 質問主意書に対する答弁書については,鈴木貴子議員の主意書に対する答弁書記載のとおりです。
(以上)
ページトップへ