本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成28年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成28年12月9日(金)

 今朝の閣議では,法務省案件はありませんでした。

部落差別の解消の推進に関する法律案に関する質疑について

【記者】
 本日の参議院本会議で,部落差別解消推進法案が可決,成立する見込みです。部落問題について,これまでの法務省の取組と,成立した場合の今後の対策についてお聞かせください。

【大臣】
 法務省では,これまで,同和問題について,人権啓発の強調事項に掲げ,講演会や研修会の開催,啓発ビデオの作成等の各種啓発活動を実施するとともに,人権相談及び人権侵犯事件の調査・処理を通じ,その被害の救済及び予防を図ってきました。本法律案が成立した場合には,その趣旨を踏まえ,同和問題に関する偏見や差別をなくすための人権啓発活動,調査救済活動に引き続きしっかりと取り組んでまいりたいと考えています。
(以上)
ページトップへ