本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成28年 記者会見要旨 > 法務大臣臨時記者会見の概要

法務大臣臨時記者会見の概要

平成28年12月19日(月)

 平成29年度予算案について,本日,大臣折衝が行われました。本日の折衝の結果,「円滑かつ厳格な出入国管理体制の整備」として146億円,そして,「刑務所出所者等の再犯防止対策の推進」として361億円の予算が認められたところです。1点目の「円滑かつ厳格な出入国管理体制の整備」は,バイオカートの運用拡大や日本人の出帰国手続への顔認証技術の導入などの取組を進めるものです。2点目の「刑務所出所者等の再犯防止対策の推進」は,刑務所等での施設内処遇の充実や保護観察対象者等の社会内処遇の充実に加えて,再犯防止施策推進の土台となる法務省施設の整備を行うものです。法務大臣として,認められた予算を最大限に活用して,法務省の使命である国民の皆様にとって安全・安心な社会の実現に向けて,全力を尽くしてまいる所存です。したがって,予算案が次期通常国会において速やかに成立することを併せて期待するものです。

大臣折衝に関する質疑について

【記者】
 折衝事項で,特に大臣が強調された部分を教えてください。

【大臣】
 ただいま申し上げた2点は,時代の社会情勢の変化という中で,非常に顕著に出ている傾向だと思います。したがって,本来の法務省の事務に加えて,こういう変化の激しい中でのしっかりとした対応が行われるためには,こういう予算をきめ細かくお認めいただくことが非常に重要であるということで,御理解をお願いしたという次第です。

【記者】
 刑務所施設の施設内の処遇の改善というのは,具体的にはどういったことでしょうか。

【大臣】
 例えば,職業訓練の拡充など,要するに雇用ニーズに応じた職業訓練をしていかなければいけません。職業訓練の課程を充実させたり,就労支援スタッフの充実をさせたり,あるいは,薬物事犯者に対する処遇体制をきめ細かく行っていく,高齢者や障害のある者に対応した処遇を展開していくなど,対象者の特性に応じた矯正処遇の実施を行ったりする,そういったことが概要になります。
(以上)
ページトップへ