本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > 大臣会見等 > 記者会見要旨 > 平成30年 記者会見要旨 > 法務大臣閣議後記者会見の概要

法務大臣閣議後記者会見の概要

平成30年1月5日(金)

 明けましておめでとうございます。本日の閣議では,法務省案件はありませんでした。

今年の抱負と力を入れたい施策に関する質疑について

【記者】
 本年もよろしくお願いいたします。今年1回目の記者会見ですので,上川大臣の今年の抱負と,法務行政の中で特に力を入れたい施策について教えていただけますか。

【大臣】
 改めまして,新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。私は昨年8月3日に法務大臣に再任され,11月1日には,節目となる第100代目の法務大臣に再任されたところです。この「仕事人内閣」の一員として,前回の法務大臣就任時の経験をいかして,少なからず成果を出していくことが,安倍総理から私に課された使命であると心得てスタートを切ったところです。年を越えて,また新たな気持ちでそうした思いを強く抱いて頑張ってまいりたいと思っています。こうした成果を挙げるためには,今日午後に予定されている法務省職員に対する年頭所感において詳しくお話しするつもりですが,様々な意見にしっかりと耳を傾け,組織一丸となって取り組んでいくことが大変大事であると考えています。
 具体的に申し上げると,重要課題に取り組むに当たっては,これまで以上に省内の各局部課が機敏にそして緊密に連携を図り,オール法務省として取り組む必要があると考えています。法務行政が扱う課題は,国民の皆様の安全,安心な暮らしの基盤となる身近なものです。法務省の取組を国民の皆様が真に身近なものと感じていただくことこそが大変大事であると思っており,そうした取組として,法務行政に関する広報の充実強化,法教育の充実,真に必要な政策については,省内の連携はもとより,他省庁及び地方公共団体や民間企業や団体と積極的に連携をすることが何よりも重要と考えています。さらに,社会のグローバル化という大きな潮流にしっかりと適切に対応していくために,国際的司法課題に戦略的に取り組む必要があると考えています。来年度からは,官房国際課が新設されて,国際案件に戦略的に取り組む体制が整いつつあるという状況ですが,オール法務省で「司法外交」を展開し,国際案件にも果敢に取り組んでまいりたいと考えています。
 特に力を入れたい施策については,現在法務省では多岐にわたる重要な課題に取り組んでいますが,中でも喫緊の課題として,いわゆる無戸籍者問題への取組,再犯防止推進法の趣旨を踏まえた取組,性犯罪防止に向けた取組,所有者不明土地問題への取組,「司法外交」への取組の5つの課題に力を入れてまいりたいと思っています。このうち,再犯防止への取組は,先月15日に閣議決定された再犯防止推進計画に基づき強力に推進してまいりたいと考えています。 これまで申し上げた取組等を通じて,第100代目の法務大臣として,しっかりとその重責を果たしてまいりたいと思っていますので,一年間どうぞよろしくお願い申し上げます。

自民党総裁選に関する質疑について

【記者】
 今年,自民党総裁選が予定されていますが,大臣としてはどのような総裁選であるべきかというお考えと,御自身の立候補についてどう考えていらっしゃるか,2点お聞かせください。

【大臣】
 まず,今私自身は安倍政権の中の法務大臣として,閣僚として,行政府の立場にあります。目的を100パーセント達成するために,私としての使命を果たしてまいりたいと思っています。ゆえに,党の総裁選について,今の状況の中での発言は差し控えさせていただきたいと思います。2点目の御質問についても立場が全く異なるので,お答えは差し控えさせていただきたいと思います。
(以上)
ページトップへ