トップページ  >  政策・審議会等  >  刑事政策  >  再犯防止対策 >  刑務所作業製品を買ってみる

刑務所作業製品を買ってみる


刑務作業品
平成30年9月末現在,約4万2千人の受刑者が,全国76の刑事施設(刑務所等)で就業しています。この作業を刑務作業と言います。
受刑者は,社会復帰に備え,規則正しい毎日を送りながら健全な心身を養うため,施設内の工場で職員の指導を受け作業に従事しています。
刑務作業は,受刑者に対して職業的な知識・技能を付与することなどを目的としており,受刑者は,木工,印刷,洋裁,金属,革工等の業種の作業に就き,その技術の向上を図っています。

なお,刑務所作業製品の売上げの一部を犯罪被害者支援団体の活動に助成しています。

CAPIC e-shop のページに移動します