本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 過去のプレスリリース > 平成25年のプレスリリース > 第63回“社会を明るくする運動”では,本運動フラッグアーティストの谷村新司さんと一緒に街頭広報活動などを行います!
報道発表資料
平成25年6月28日
法務省

第63回“社会を明るくする運動”では,本運動フラッグアーティストの谷村新司さんと一緒に街頭広報活動などを行います!

  法務省が主唱する“社会を明るくする運動”は,本年で第63回目を迎えました。 強調月間初日の7月1日には,本運動発祥の地である東京・銀座数寄屋橋公園において,本運動フラッグアーティストの谷村新司さん,法務大臣などにより街頭広報活動を行い,人々に広く本運動への理解・協力を求めます。あわせて,本運動の一環として,谷村新司さんとともに,過ちから立ち直ろうとする人々の等身大の声をメッセージカードにして,東京・銀座の方々に届けます。 また,第63回“社会を明るくする運動”では,より多くの方々に運動を知っていただくため,8月10日公開予定の映画『少年H』(東宝株式会社配給)とのタイアップ企画を実施します。

“社会を明るくする運動”とは

“社会を明るくする運動”は,すべての国民が,犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め,それぞれの立場において,力を合わせ,犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする全国的な運動です。

更生保護の日・街頭広報活動

○日時
平成25年7月1日(月)午後0時30分から午後1時頃まで

○場所
数寄屋橋公園(東京都中央区銀座4-1-2)

○内容
1.オープニングセレモニー(約10分)
  ・法務大臣あいさつ ・東京都知事あいさつ
  ・中央区長あいさつ ・来賓紹介
  ・谷村新司氏オープニング宣言
2.広報活動(約20分)

○参加者 本運動フラッグアーティスト谷村新司氏,法務大臣,東京都知事(代理)
”社会を明るくする運動”強調月間のスタートとして,谷村新司さんや法務大臣等が,運動発祥の地である東京・銀座において,人々に,メッセージカードや黄色い羽根等を配布し,“社会を明るくする運動”への理解・協力を訴えます。

○「君の声を聴かせて」メッセージカードについて 本運動フラッグアーティストの谷村新司さんが,少年院に入っている少年からもらった手紙に感銘を受け,「彼らの声に耳をかたむけよう」との思いを込めて,少年の言葉をメッセージにのせた「ポストカード」を作成しました。 このカードを,銀座料理飲食業組合連合会の全面的な御協力を得て,多くの方々に配布することにより,非行少年の立ち直りを大人が支えていくことの大切さを訴えることとします。

谷村さんが出演する「社会を明るくする運動」スポットCMが完成しました。


前回“社会を明るくする運動”CM動画
30秒版・60秒版ともにCMの挿入歌には,「忘れないで」を採用し,これまでの華やかな曲とは一味違った穏やかなメロディーに乗せて,ノスタルジックな雰囲気のもと,「おかえり。」の言葉のもつ温もりや保護司をはじめとした更生保護ボランティアに対する谷村氏の思いが表現されています。谷村さんが本運動に寄せる想いをメッセージに込めて伝える内容となっています。同CMは地元テレビ局,街頭電光掲示板,スポーツ競技場等のオーロラビジョン等で御覧になることができます。また,YouTube法務省チャンネルでも御覧いただけます。

映画『少年H』(東宝株式会社配給)とのタイアップ企画


『少年H』タイアップポスター
○法務省は,東宝株式会社と協力し,映画『少年H』(平成25年8月10日(土)全国ロードショー)とのタイアップポスターを作成しました。

○このポスターは全国の保護観察所や保護司会を通じて,全国各地の掲示板等に掲出されます。
※映画『少年H』とは・・・映画の内容は,昭和初期の神戸を舞台に、戦争に巻き込まれな
がらも信念と愛情でたくましく時代を生き抜いた家族を描いた物語です。

この記事に関する問い合わせ先

法務省
保護局更生保護振興課地域活動推進係 山下
電話 03-3580-4111(内線5899)
直通 03-3592-7374(直通)
ページトップへ