本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 政策・施策 > 刑事政策 > “社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~ > 第65回“社会を明るくする運動”特別企画「おかえりフォトアート2015」のフォトモザイクアートが完成しました。

第65回“社会を明るくする運動”特別企画「おかえりフォトアート2015」のフォトモザイクアートが完成しました。

「おかえりフォトアート2015」とは

 本年度は,“社会を明るくする運動”の一環として,平成27年7月1日から8月31日まで,本運動のキーワードである「おかえり」などをテーマとした写真を皆様から応募いただき,集まった写真によってフォトモザイクアートを作成する企画,「おかえりフォトアート2015」を実施しました。この企画は,一般の方に“社会を明るくする運動”に気軽に参加いただき,本運動をより身近に感じていただくことを目的として,今年度初めて行われました。
 「モザイクアート」とは,色の付いたタイルやガラスなどの小片をたくさん組み合わせて,1つの絵や模様を表現するもので,それと同じことを大量の写真を使用して表現するのが「フォトモザイクアート」です。

たくさんの写真が集まりました!

 本企画では,
(1)“おかえり”という言葉をイメージさせるもの(「おかえり」と迎えてくれる家族など,身近にあるもので「おかえり」を感じるもの)
(2)第65回“社会を明るくする運動”に関するもの(“社会を明るくする運動”における行事(街頭広報活動,ミニ集会,スポーツ大会等))
をテーマに設定し,広く一般の方から写真を募集しました。
 企画名にちなみ,2015枚の写真を集めることを目標としていましたが,多くの方々が本企画の趣旨に賛同し,たくさんの写真を応募してくださったため,最終的には,3500枚以上の写真が集まりました!

そしてできあがった作品(フォトモザイクアート)がコチラ!

おかえりフォトアート完成作品【PDF】

おかえりフォトアート完成作品【PDF】


 法務省旧本館(赤れんが棟)を背景とした,更生保護のマスコットキャラクター「更生ペンギンのホゴちゃん」のフォトモザイクアートが完成しました!このモザイクアートを形作っているのは,皆さんが応募してくださった色とりどりの写真の数々です。写真を応募してくださった皆さんに感謝いたします。完成作品については,法務省ホームページを始め,“社会を明るくする運動”の広報等様々な場面で活用していく予定です。
 毎年7月の強調月間を中心に,多くの“社会を明るくする運動”に関するイベントが展開されていますので,皆さんも是非参加してみてください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ