本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 政策・施策 > その他の政策・施策 > 債権管理回収業に関する特別措置法の仕組み

債権管理回収業に関する特別措置法の仕組み

債権管理回収業に関する特別措置法の仕組みのリード文画像
 法務大臣による許可においては,<1>5億円の最低資本金,<2>暴力団員等の関与がないこと,<3>常務に従事する取締役の1名以上に弁護士が含まれていることなどが要件とされています。
 暴力団員等の関与の有無については,法務大臣が警察庁長官に意見聴取するものとされ,暴力団員等の排除が徹底されています。
 取締役である弁護士の適格性については,法務大臣が日本弁護士連合会の意見を聴取することとされ,適格な弁護士が取締役として内部から債権回収会社(サービサー)の業務全般の適正を監督する仕組みが作られています。
ページトップへ