本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 省議・審議会等 > その他会議 > 法教育 > 法教育推進協議会 > 法教育推進協議会(第37回)議事概要

法教育推進協議会(第37回)議事概要

1 日  時  平成27年3月23日(月)午後2時00分から午後3時55分まで

2 場  所  法務省第1会議室

3 出席者
    (委員,敬略称・50音順)
      磯山恭子,稲川龍也,岩崎治彦,江口勇治,大須賀寛之,笠井正俊,小粥太郎,髙橋文郎,
    中井幹晴,長戸雅子,橋本康弘,樋口雅夫,村松剛
    (調査研究委託会社,株式会社エデュケーショナルネットワーク,敬略称・50音順)
    伊藤克行,大久保忠志
       (事務局) 
       萩本修司法法制部長,中島行雄官房付,宮木恭子司法法制部付,梶山太郎司法法制部付,
    安部啓三資料調査官

4 議  題
   (1)  高等学校等(普通科)における法教育の実践状況に関する調査研究の取りまとめ報告について
   (2)  中学生向け法教育教材の作成報告について 
   (3)  法科大学院生による法教育活動の取組状況等について 
   (4)  映画「ソロモンの偽証」と法教育施策とのタイアップ企画に関する報告について
   (5)  法教育の更なる普及・充実に向けた今後の取組等について

5 配布資料
   (1)  資料1 高等学校等(普通科)における法教育の実践状況に関する調査研究報告書【PDF】
   (2)  資料2 中学生向け「法教育」教材(写し)について【PDF】
   (3)  資料3 法科大学院生による法教育普及活動関係資料【PDF】
   (4)  資料4 映画「ソロモンの偽証」と法教育とのタイアップポスター【PDF】

6 議  事 
   (1)  高等学校等(普通科)における法教育の実践状況に関する調査研究の取りまとめ報告について
        株式会社エデュケーショナルネットワークから,資料1に基づき法教育の実践状況に関する調査研究の取りまとめ報告がなされた。
     他の委員からは,法教育を進めるに当たっての連携先が分からないという回答が多く,法教育を普及させていく余地は随分あるなどの意見が出された。
   (2)  中学生向け法教育教材の作成報告について
      事務局から,作成の経緯,現在の状況等について説明がなされた。
        他の委員からは,現行の学習指導要領に基づいた形で教材がリニューアルされているため,現場の教員にも使いやすくなったのではないかなどの意見が出された。
   (3)  法科大学院生による法教育活動の取組等について
      事務局から,法科大学院生に対する広報活動や法科大学院生による取組の状況等について説明がなされた。
      他の委員からは,法科大学院生にとっても学校の先生にとってもメリットがあるなどの意見が出された。
   (4)  映画「ソロモンの偽証」と法教育施策とのタイアップ企画に関する報告について
         事務局から,企画の趣旨とポスターの配布状況等について説明がなされた。
   (5)  法教育の更なる普及・充実に向けた今後の取組等について
        平成26年度に実施した法教育マスコットキャラクターの募集企画におけるマスコットキャラクター選定結果,法教育広報部会において協議されたマスコットキャラクターの活用の在り方等について説明がなされた。
       他の委員からは,
     ○   学校に教材を送付するだけではなく,研修会など何かの企画とセットで話を持っていくとよいかもしれない
     ○  実際の授業で使用できるショートムービーを作成することもよいかもしれない

    などの意見が出された。
 
                                                                以 上
 
 







Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ