本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 施設等機関 > 法務総合研究所フロントページ > 研究部資料 > 研究部資料54(2007年)

研究部資料54(2007年)

 研究部資料54は「米国及びカナダにおける拘禁代替策と早期釈放制度の現状」です。
法務総合研究所は,刑事施設における過剰収容の緩和対策に関する総合的研究の一環として平成16年版犯罪白書では,「犯罪者の処遇」を特集として取り上げ,過剰収容にある我が国の刑事施設の現状と問題点の分析を行ったところですが,さらに,先進諸国のうち,近年,刑事施設の過剰収容が深刻な米国と,収容状況が深刻な過剰収容までに至らず,比較的安定して推移しているカナダを対象国として,両国における犯罪動向,刑事施設の収容状況,過剰収容の緩和施策等に関する実地調査を行いました。本資料はそれらを取りまとめたもので,今後の我が国における刑事施設の過剰収容対策の参考となるものです。
ページトップへ