情報公開

2020年10月1日更新

情報公開制度について

情報公開制度は,「行政機関の保有する情報の公開に関する法律」に基づき,行政機関の保有する情報の一層の公開を図り,政府の保有するその諸活動を国民に説明する責務を全うするとともに,国民の的確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政の推進に資することを目的とするものです。

出入国在留管理庁においても,この制度の趣旨を踏まえ,情報の公開を積極的に進めていきます。

行政文書の開示請求について

開示請求の流れ

1.出入国在留管理庁の開示請求先一覧

出入国在留管理庁における行政文書の開示を請求することのできる窓口の一覧表です。

2.行政文書開示請求書

行政文書開示請求書様式

出入国在留管理庁における行政文書の開示を請求するときの標準様式です。※記載例はこちら

出入国在留管理庁情報公開審査基準

出入国在留管理庁における行政文書の開示の請求に係る開示・不開示の判断基準です。

反復継続的に開示がなされた情報等の提供について

反復継続的に開示がなされた情報等の提供になります。

情報公開総合案内所について

情報公開の制度や開示請求手続などに関する総合案内窓口です。

pdf書類をご覧になる場合は、Adobe Reader別ウィンドウで開くが必要です。
正しく表示されない場合は、最新バージョンをご利用ください。

ページトップ