本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 資格・採用情報 > 司法試験 > 研究調査会・問題検討会・プレテスト(模擬試験) > 新司法試験実施に係る研究調査会 > 報告書等 > 新司法試験実施に係る研究調査会中間報告

新司法試験実施に係る研究調査会中間報告

平成15年7月28日

新司法試験実施に係る研究調査会

目次

はじめに
1  新司法試験実施に係る研究調査会設置の経緯
2  これまでの検討経過
3  中間報告の目的

第1 新司法試験を通じて選抜すべき法曹像

第2 試験実施の在り方

第3 試験実施の枠組み
1  実施日程
2  試験日程
3  試験科目の範囲

第4 短答式試験の在り方
1  出題の在り方
2  配点,試験時間,問題数等

第5 論文式試験の在り方
1  出題の在り方
2  配点,問題数,試験時間等
3  論文式試験の成績評価の在り方
(1)  採点指針
(2)  採点の公平性調整の問題

第6 短答式試験と論文式試験の総合評価の在り方
1  短答式試験による一次評価の在り方
2  総合評価の在り方
3  その他

第7 その他新司法試験の在り方に関連する事項

新司法試験実施日程(イメージ)

新司法試験実施に係る研究調査会名簿

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

ページトップへ