本文へジャンプメニューへジャンプ
愛知人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム > 事業計画 >

ここから本文です

憲法週間記念行事:愛知人権啓発活動ネットワーク協議会

憲法週間記念行事「講演と映画の会」

名古屋市では、憲法週間記念行事として、毎年、人権について考える「講演と映画の会」を開催しています。

憲法週間記念行事「春の人権フェスタ」

平成26年度は、以下のとおり実施しました。

5月3日(土曜・憲法記念日)に、「なごや人権啓発センター(愛称:ソレイユプラザなごや)」が、伏見ライフプラザ12階(名古屋市中区栄1丁目23−13)にオープンしました。

5月3日から5月5日までの期間を「春の人権フェスタ」として、講演会・映画会を、また、5月3日から5月31日までの期間を開館記念月間として、身近な人権問題に気づき、考えるきっかけとなる様々な展示会を実施しました。

春の人権フェスタチラシ

クリックすると拡大します。【PDF】


【開館記念講演会】

日時
平成26年5月3日(土曜・憲法記念日)午後1時30分〜午後3時30分
会場
伏見ライフプラザ5階鯱城ホール
講師
新保真紀子(しんぼまきこ)氏(神戸親和女子大学教授)
演題
「人権文化豊かなまちづくりをめざして〜子どもたちにラブレターを書こう」

【ちょっと素敵な映画会】

日時
平成26年5月4日(日曜・みどりの日)午後1時30分〜午後5時20分
会場
伏見ライフプラザ5階鯱城ホール
映画
①「そして父になる」(主演:福山雅治)
②「アンコール!!」(主演:テレンス・スタンプ)

【憲法週間記念講演会】

日時
平成26年5月5日(月曜・こどもの日)午後1時30分〜午後3時
会場
伏見ライフプラザ5階鯱城ホール
講師
落合恵子(おちあいけいこ)氏(作家、東京家政大学特任教授)
演題
「いま、人権から・・・ひとりひとりが「主役」の社会を」
内容
 落合恵子さんは、「シングルマザー」の母から生まれたこと、「少しでも差別をなくしていく方向に歩んでいけるように」との思いを持った母に育てられたことを紹介してくださいました。自身の経験を基に、「普通」の基準とは人の数だけあることや、父親がいないことについての差別や職業差別等、様々な差別については、「おかしいことには異議を唱えられる自分でいたい。」、「正義感を持つことは子どもたちへの贈り物になる。」、「弱さを知った強さを持って生きていく。」と強く熱く語られ、皆さんも熱心にうなずいていました。

【開館記念月間の展示会】

展示テーマ「わたしの人権,あなたの人権」

 常設展示:子どもから大人まで楽しみながら学べる映像コーナー

 企画展:漫画家が「人権」をテーマに描いたユーモアあふれる作品等様々な展示会

 人権作品コンクール入賞作品展:「人権を理解する作品コンクール」入賞作品展

 体験コーナー:高齢者・妊婦の疑似体験等

パネル展示・体験コーナー

パネル展示・体験コーナー

「人権を理解する作品コンクール」入賞作品展

 「人権を理解する作品コンクール」入賞作品展

「人権マンガ」パネル展

 「人権マンガ」パネル展


平成25年度は、以下のとおり実施しました。


日時
4月26日(金曜)午後1時30分〜午後4時(開場午後1時)
会場
名古屋市公会堂大ホール
講演会
講師 八名信夫(やな のぶお)氏
演題 「誰にだって その人の“華”がある」
映画
「ほんとの空」
その他
「第40回人権を理解する作品コンクール」入賞作品の展示
講演と映画の会チラシ
講演と映画の会チラシ

クリックすると拡大します。【PDF】

人権について考える講演と映画の会

憲法週間記念行事として名古屋市、名古屋市教育委員会、愛知人権啓発ネットワーク協議会では4月26日(金曜)に名古屋市公会堂で「講演と映画の会」を開催しました。

当日の開場は午後1時でしたが、午前中から行列ができ、皆さん入場を待ちわびているなど大盛況でした。

講演会

青汁のCMで有名な元プロ野球選手(東映フライヤーズ/現日本ハム)で俳優の八名信夫(やなのぶお)氏による講演は、笑いあり、感動ありで、観客席からも笑い声や拍手が起こるなど、皆さん八名さんの話に引き込まれていました。

そんな中、『大人が、悪いことをした子どもを叱ることが大切にもかかわらず、近頃の大人は、子どもを叱ることをせず、大人が大人であることを放棄している。子どものために大人がすべきことを放棄することなく、責任を果たすことこそが子どものためになる』という話が大変印象的でした。

講演会

講演は素晴らしく、
観客の皆さんも八名さんの話に
すっかり引き込まれていました。

講演会

身振り手振りを交えながら、
一生懸命話してくださいました。

ちなみに、
元プロ野球選手でもある八名さんは
身長が183cmもあるそうですが、
舞台上では、もっと大きく見えました。

人KENまもる君・あゆみちゃんによる人権PR

法務省の人権イメージキャラクターである人KENまもる君とあゆみちゃんによる人権のPRが行われました。PRで、「人権擁護委員について知っている人〜」と呼びかけたところ、あまり反応がなく、残念ながら人権擁護委員の知名度は高くはないようでした。

それでも、まもる君とあゆみちゃんのPRによって、きっと皆さん覚えてくれたことと思います。

人KENまもる君とあゆみちゃんの、人権を「まもり」、人権が尊重される社会へ向かって「あゆんで」いくという気持ちが伝わったのか、去り際には拍手で見送ってくれました。

人KENまもる君とあゆみちゃんは、人権尊重思想の普及高揚のため、これからもいろんな 場所へ行ってPR活動を続けていきます。

人KENまもる君・あゆみちゃんによる人権PR

来場した皆様に、
人権の大切さや
人権擁護委員の周知をする
人KENまもる君とあゆみちゃん

人KENまもる君・あゆみちゃんによる人権PR

もっと多くの皆様に
知ってもらえるよう、
これからもPR活動に
頑張っていきます。

みんな応援してね!!

映画

東日本大震災による風評被害に起因する人権問題をテーマとした映画「ほんとの空」が上映されました。原発に対する誤った理解によって、差別や偏見など、被災者に対する人権侵害はまだまだ解消されたとは言えません。

みんなが、原発についての正しい知識を身に付けて、被災者の皆さんに優しく・温かい手が差しのべられる日がくることを祈っています。

名古屋法務局では、「人権に関する啓発ビデオ・DVD」の貸出しを行っていますので、学校や企業における人権啓発活動にお役立てください。

問合せ先
名古屋法務局人権擁護部第一課 052-952-8111(内線 1475)
人権イメージキャラクター 人KENまもる君・人KENあゆみちゃん

平成24年度は、次のとおり開催しました。

日時
4月27日(金曜)午後1時30分〜4時(開場午後1時)
場所
名古屋市公会堂
講演会
講師 柳田 邦男氏
演題 「言葉の力、生きる力」
映画会
「桃香の自由帳」
その他
「第39回人権を理解する作品コンクール」入賞作品の展示

このページの先頭へ